1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 研究推進機構特任教員(准教授、講師又は助教)URA公募【11/24必着】

研究推進機構特任教員(准教授、講師又は助教)URA公募【11/24必着】

職名 特任教員(准教授、講師又は助教)※ミドルURA又はURAの名称付与
所属・担当 研究推進機構
人数 1名
採用日 2018年4月1日
任期 2019年3月31日まで
勤務成績により、年度ごとに更新の可能性有り。
ただし、最長で2023年3月31日を限度とする。
※雇用契約の更新の有無については、期間終了30日前までに通知する。
待遇 国立大学法人横浜国立大学年俸制教職員給与規則に基づき、年俸制適用。専門業務型裁量労働制適用(参考:特任教員(准教授、講師又は助教)年俸額 約430万~約860万。※年俸額は経験・年齢等により決定。)
通勤手当等諸手当有(支給要件を満たす場合)。
職務・研究内容 ・学内研究分野分析、政策・制度動向調査、大型の全学的な研究プロジェクトの企画立案申請支援等。
・研究推進機構特任教員として業務を行うととともに、研究企画室、大学研究情報分析室、研究支援室に兼務し、上司の指示に従い業務に従事する。
選考方法 第1次選考:書類選考
第2次選考:面接 
面接の日時等、詳細については候補者の方に後日連絡します。
(面接時期:2017年12月上旬から2018年1月上旬を予定)
なお、選考審査に関する問い合わせには応じられません。
また、面接に伴う交通費等に係る費用は自己負担となります。
応募資格・要件 (1)各部局や大学を越えた外部機関の研究者の連携による大型の競争的資金獲得業務、組織の研究戦略・研究企画業務の経験・意欲のある者
(2)業務遂行に必要な文章力・交渉力・プレゼンテーション能力等を有する者
(3)組織的な業務遂行に必要な、調整能力・協調性等を有する者
(4)以下の要件のいずれかまたは全てを有する者
 ・大学・研究機関等(企業を含む)で研究または研究支援にかかる業務の経験
 (学士は6年以上、修士は4年以上)を有する者
 ・博士号取得者又は同等の知識を有する者
提出書類 (1)履歴書(写真添付)
(2)職務に対する抱負
(3)研究業績リストまたは研究支援実績にかかる業務リスト(原著論文、総説・解説、著書・特許、研究プロジェクトの企画・運営、競争的資金の獲得及び支援、特許申請支援、技術移転、アウトリーチ活動等を対象とする)
(4)応募者本人の実績等を問い合わせることができる関係者1名以上の連絡先
※(1)~(4)の書式は、こちらで指定する書式を使用するものとし、
 http://www.ripo.ynu.ac.jp/ura/koubo.html
 からダウンロードすること。
応募締切 2017年11月24日
(必着)
送付先 〒240-8501
横浜市保土ケ谷区常盤台79-5 共同研究推進センター内
横浜国立大学 研究推進部研究推進課研究総務係
応募方法 封筒に「リサーチ・アドミニストレーター応募書類在中」と朱書し、書留又は宅配便等配達の記録の残る方法で送付してください。
備考 E-mailでご質問等の照会をされる場合には、件名に「【質問・照会】URA公募」としてください。
問合せ先 横浜国立大学 研究推進部研究推進課研究総務係
TEL:045-339-3192
FAX:045-339-4456
メールアドレス:kenkyu.somuynu.ac.jp

・提出書類については、選考に係る審査にのみ利用し、本学の規則に基づき適切に管理します。
・提出書類は返却いたしません。
・本学では、横浜国立大学男女共同参画宣言の精神に基づき、また、人材の多様性を目指す視点から、女性および海外での教育・研究経験者の積極的な応募を歓迎します。

その他の採用情報は、以下のページに掲載しています。

(担当:研究推進部研究推進課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ