1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 第23回サイエンスカフェ「キカイとカラダの意外な関係」-受付終了-

第23回サイエンスカフェ「キカイとカラダの意外な関係」-受付終了-

 2002年ワールドカップの際、ベッカム選手は大会直前に左足を骨折したものの、通常考えられている期間より早く回復し、見事に出場を果たしました。このとき、彼は超音波による振動を利用した骨折の治療法を行っていたのです。
 機械工学の対象を、機械だけでなく人間の体にまで広げてみると、なぜ運動すると骨が丈夫になるのかがわかり、その成果を応用して骨の再生も可能となってきます。今回はゲストスピーカーを、機械工学の視点から生体や細胞の未知の機能を解明し、その成果を医療や工業に役立てる研究を行っている本学環境情報研究院の白石講師が務めます。

サブタイトル

振動による骨再生、機械の知能化

日時

2010年7月22日(木) 14時00分~16時00分

場所

神奈川県立川崎図書館

講師

環境情報研究院 准教授
白石 俊彦

定員

40名(参加費は無料です。)
応募者多数の場合は7月13日で締め切り、抽選とさせていただきます。

申込み方法

今回は神奈川県立川崎図書館との共催です。
県立川崎図書館受講申込のページhttp://www.klnet.pref.kanagawa.jp/から申し込みができます。

問い合わせ先

県立川崎図書館
〒210-0011 川崎市川崎区富士見2-1-4
http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/
TEL:044-233-4537

講師プロフィール

白石 俊彦
(横浜国立大学大学院環境情報研究院 講師)
専門は、機械力学、バイオメカニクス、インテリジェントシステムです。人間のように柔軟な機械をつくれないか、人間のからだや細胞を一つの機械のように考えて生命現象を説明できないか、といったことを横浜国立大学で研究しています。研究成果は、日本機械学会をはじめ国内外の学会で発表しており、その中には企業や医師と協力して製品化されるものもあります。
 また、大学では世界に通用する機械技術者の輩出を目指した教育をしています。文部科学省や経済産業省と協力して、高校教育にも携わっています。

お問い合わせ先

横浜国立大学 総務部学術・国際課 サイエンスカフェ担当(清水)
電話番号:045-339-3033
メールアドレス:science.cafeynu.ac.jp


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ