1. YNU
  2. ニュースセンター
  3. 学生広報サポーターがオープンキャンパス2014を取材しました

学生広報サポーターがオープンキャンパス2014を取材しました

2014年8月2日(土)・3日(日)、横浜国立大学のオープンキャンパスが開催され、大学の広報活動に協力している学生広報サポーターが、その様子を取材しました。

キャンパスツアー

                  

暑い中、ガイドの学生が案内をしているのを、高校生が真剣に耳を傾けているのが印象的でした。
何人かにお話を聞いてみたところ、「緑が多くて森みたい」「自然が好きなので、こんな環境に囲まれて勉強したい」「大学内は広くて迷いそうだけど、わかりやすく案内してくれた」というような感想をいただき、皆さん満足そうな表情でした。

理系女性研究者によるキャリア紹介・座談会 

       
教授ではなく、学生が主体となって高校生に研究内容をいきいきと話していました。
終わったあとのインタビューでは、「女性視点の研究者の意見は、他ではなかなか聞けないので、意見を聞けてよかった」「親の目から見ても良い意見が聞けた」などの声を聞くことが出来ました。


理工学部 公開講座「私たちのくらしを支える結晶の世界」 

  

その隣では、教授らによる公開講座が行われていました。文系の私たちには少し難しい内容でしたが、高校生は真剣に聞き入ってる様子でした。特に、教授ではなく学生が実際に行った実験の説明では、身を乗り出すくらい興味を持っている方もいらっしゃいました。

相談会・トークショー 情報ラウンジ/メディアホール 

        

ここでは学生が主体となって、高校生の皆さんの疑問、質問に答えている姿が見られました。学部別に個別相談ができるため、皆さん密度の濃い時間を過ごせたようです。

 またメディアホールでは、学生による「受験や生活、大学などのトピックについてのトークショー」が行われていました。ホールは満席で、皆さん学生の声に真剣に耳を傾けていました。トークショー終了後、出てきた方に話を伺うと「学生の生の声が聞けて、とてもためになった。」と言うような声を多数頂きました。

学内インタビュー 第一食堂前/生協前 

           

お昼時には食堂、生協前でインタビューを行い、「横浜国立大学に実際来て感じたこと」について聞いてみました。一番多かった意見は、「広くて森のよう!」でした。やはり緑の多さが印象に残るようです。また、なかには高校1年生で来ている方も多数おり、素直に大学の雰囲気を楽しんでいる姿も見られました。

最後に 

  
インタビューしていく中でたくさんの高校生や保護者の皆様にお話を伺うことが出来ました。
比較的近場である首都圏から関西や九州の方まで、幅広い地域から横浜国立大学に足を運んでくださり本当にありがとうございました。
そして、高校3年生はもちろんですが1~2年生の方が予想以上にオープンキャンパスにいらっしゃっていて、意識の高さに驚きました。
皆さんにとって、得るものがあるオープンキャンパスとなったなら嬉しく思います。         

(担当:学生広報サポーター)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ