1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 学生広報サポーターが「国立西洋美術館」と「国立新美術館」を取材しました

学生広報サポーターが「国立西洋美術館」と「国立新美術館」を取材しました

今月10月1日から横浜国立大学はキャンパスメンバーズに加入しました。今回はこの対象となる「国立西洋美術館」と「国立新美術館」を学生広報サポーターが取材してきました。

キャンパスメンバーズとは

東京国立近代美術館(同フィルムセンターを含む)、国立西洋美術館、国立新美術館の3つの美術館で入場料が割引されるサービス。チケット売り場で学生証を見せキャンパスメンバーズ利用と告げるだけで特典を受けることができます。大学生によりアートにふれあう機会を増やしてもらうことを目的としています。

国立西洋美術館

JR上野駅公園口から徒歩1分、上野恩賜公園内にある国立西洋美術館。ここでは企画展の割引だけでなく常設展が無料で利用できるそうです。今回はその常設展を取材しました。

常設展は本館と新館に分かれ、本館は現在世界遺産登録を目指しています。
展示作品は中世末期~20世紀初頭の西洋絵画や彫刻を中心としたものが多く、最近では指輪など工芸品も展示されています。教科書でみたことのある画家の作品が多く展示され、知っている作品ばかりで感動しました。また、一部寄託作品を除き常設展では写真撮影が可能ということにも驚きました。
筆による絵の具の厚みや迫力は実際に見ないとわからないものばかり。普段美術館を訪れない人でもかわいい、きれいと思いながら見てもらえるかと思います。
クロード・モネ《睡蓮》 1916年 油彩、カンヴァス 国立西洋美術館 松方コレクション

クロード・モネ《睡蓮》 1916年 油彩、カンヴァス 国立西洋美術館 松方コレクション

オーギュスト・ロダン《考える人(拡大作)》1881-82年(原型)、1902-03年(拡大)、1926年(鋳造) ブロンズ 国立西洋美術館 松方コレクション

オーギュスト・ロダン《考える人(拡大作)》1881-82年(原型)、1902-03年(拡大)、1926年(鋳造) ブロンズ 国立西洋美術館 松方コレクション

同公園内には他の美術館や動物園など多くの施設があるのでそのついでに行くのにもいいかもしれませんね。
(なお現在10月の時点で本館は改修工事中のため閉鎖されています。2016年3月19日(土)開室の予定です。)

【国立西洋美術館】
開館時間 9:30~17:30 (金曜日は20時まで)※入館は閉館の30分前まで 
休館日 毎週月曜日 
※ただし、月曜日(11月2日、1月4日を除く)が祝日又は祝日の振替休日となる場合は開館し翌日の火曜日休館 12月28日~1月1日
※常設展一部閉室(本館)2015年10月10日(土)~2016年1月11日(月・祝)
※全館休館 2016年1月12日(火)~2月29日(月)
※常設展閉室(本館・新館) 2016年3月1日(火)~3月18日(金)
お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
国立西洋美術館新しいウィンドウが開きます

国立新美術館

次に六本木にある国立新美術館を紹介します。この美術館ではコレクションを持たないため常設展を行わず、その代わりに多彩な企画展を開催しており、それらを割引額で観ることができます。ガラス張りの特徴的な建物は、建築家の黒川紀章さんが設計したものです。

現在、ニキ・ド・サンファルというフランス人の女性美術家の展覧会が行われています。彼女の代表作は絵具を入れた袋を付けた絵画に向けて銃を放つことで完成する、1961年に発表した「射撃絵画」です。この作品は絵画と彫刻の両方の要素を兼ね備え、また制作行為そのものがパフォーマンス・アートの先駆例として高く評価されています。作品もさることながら、彼女の女性としての生き方を考えさせられる展覧会となっています。

国立新美術館の特徴の一つに、開放的なカフェが挙げられます。一階の『カフェ コキーユ』は、外の景色を眺めながら待ち合わせや休憩で気軽に立ち寄れる場所となっています。二階の『サロン・ド・テ ロンド』は、円錐コーンの上がカフェになっており、まるで空中に浮いているような特別な空間で、展覧会の特別メニューをいただくことができます。

また、日本の戦後国内の展覧会カタログ等を集めたアートライブラリーや充実したミュージアムショップもこの美術館の魅力です。展示を観るだけでなく、外のテラスでのんびり読書をしたり買い物をしたりと様々な楽しみ方のできる美術館となっています。

【国立新美術館】
開館時間:10時~18時(企画展会期中の金曜日は20時まで)※入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週火曜日(祝日又は振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)、年末年始
お問い合わせ:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
国立新美術館新しいウィンドウが開きます

「ニキ・ド・サンファル展」
会期:2015年9月18日(金)~12月14日(月)
休館日:毎週火曜日休館 ただし、9月22日(火)および11月3日(火)は開館、11月4日(水)は休館
開館時間:10:00~18:00(金曜日は20:00まで)※入場は閉館の30分前まで
展覧会ホームページ新しいウィンドウが開きます

最後に

美術館は決して敷居の高い場所ではありません。一つお気に入りの美術館を見つけて、自分なりの楽しみ方を探してみてください。きっと落ち着いて自分を見つめ直す有意義な時間を過ごすことができると思います。

みなさんもぜひこの機会に、美術館で芸術の秋を楽しんでみませんか?


(担当:学生広報サポーター)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ