1. YNU
  2. ニュースセンター
  3. 横浜国立大学フォーミュラプロジェクト(YNFP)が第14回全日本学生フォーミュラ大会で第2位に入賞しました!

横浜国立大学フォーミュラプロジェクト(YNFP)が第14回全日本学生フォーミュラ大会で第2位に入賞しました!

2016年9月6日(火)~10日(土)にかけて行われた第14回全日本学生フォーミュラ大会概要において、横浜国立大学フォーミュラプロジェクト(YNFP)が総合優秀賞 第2位、ベストサスペンション賞 第2位、日本自動車工業会会長賞を入賞したとの連絡がありましたので、ご紹介いたします。

【横浜国立大学フォーミュラプロジェクト(YNFP)より寄稿】

プロジェクトリーダーよりコメント

総合成績では、過去最高位と並ぶ2位を獲得しました。
近年では上位進出を果たすことができていなかったため、久々の表彰台となりました。
1位とはわずか0.61点差(1000点満点中)という部分には非常に悔しさを感じますが、1年間のチームメンバーの頑張りが成果として十分に表れたと感じており、大変喜ばしく思います。私たちが1年間この部活動に打ち込み、一生のうちに今しかできない貴重な経験を積むことができたのは、ご助力頂いた先生方、先輩方、スポンサー様など関わって頂いた全ての方々のお蔭です。誠にありがとうございました。
(YNFP-16 プロジェクトリーダー 理工学部 機械工学EP 3年 植松 亮裕)

大会・学生フォーミュラ活動の詳細は 全日本学生フォーミュラ大会公式サイトまたは、横浜国立大学フォーミュラプロジェクト「YNFP」公式サイト、またはFacebookからもご覧になることができます。

また、本大会の参戦報告会を本学において以下の日程で開催致します。学生が製作した車両を間近でご覧いただけます。ご都合のつく方は是非足をお運びください。
詳細なお問い合わせはチームアドレス(contact@ynfp.jp)までお願い致します。

大会報告会開催予定

日時:2016年10月23日(日) 10:30~15:00
場所:横浜国立大学 第2食堂(予定)
内容:チームメンバーからの大会報告、懇親会、マシン走行など

大会結果

【総合成績】
2位 752.65/1000


●表彰
総合優秀賞       第2位
ベストサスペンション賞 第2位
日本自動車工業会会長賞

【静的審査】
コスト審査(製造原価及び工程を評価):25位 34.51/100
プレゼンテーション審査(市場販売戦略を評価):4位 63.75/75
デザイン審査(設計思想を評価):5位 127/150

【動的審査】
アクセラレーション(75mの直線加速性能を評価):13位 56.85/75
スキッドパッド(定常円の旋回性能を評価):11位 19.64/50
オートクロス(複合的なコースでの走行性能を評価):5位 129.28/150
エンデュランス(オートクロスと同様のコースで耐久性及びタイムを評価):5位 258.40/300
燃費(エンデュランス時の消費燃料を評価):13位 63.20/100

総合成績順位表
1位 京都工芸繊維大学
2位 横浜国立大学
3位 名古屋工業大学
4位 U.A.S. GRAZ(オーストリア)
5位 名古屋大学
6位 日本自動車大学校

(担当:総務部広報・渉外課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ