1. YNU
  2. 大学案内
  3. 広報活動情報
  4. プレスリリース一覧

【プレスリリース】世界初!光暗号通信に応用可能な、円偏光発光(CPL)の回転方向と色をスイッチング

【プレスリリース】世界初!光暗号通信に応用可能な、円偏光発光(CPL)の回転方向と色をスイッチング

横浜国立大学大学院工学研究院の伊藤傑助教、淺見真年教授、近畿大学理工学部の今井喜胤准教授らの共同研究グループは、映画館などで3D 映像を映し出す際に使われる「円偏光」の回転方向と色(波長)を同時に切り替える「スイッチング」機能を持った円偏光発光(CPL)[注1]色素を開発しました。3D 映像は左回転・右回転の光の回転方向が異なる2 種類の映像を同時に映すことで立体的に見せる仕組みであり、回転方向の制御が重要な要素となっています。また、CPL はセキュリティ分野などの次世代光情報技術への応用が期待されています。従来のCPL 色素は、スイッチングの際に見た目の光の色や強さが変わってしまう性質がありましたが、今回の新色素では、見た目の光はそのままに、CPL の回転方向と色(波長)を同時に切り替えることに世界で初めて成功しました。将来的には、光ファイバー通信において、見た目では判別できないスイッチングによる2 種類の光を利用して、通信内容を暗号化して保護する次世代セキュリティ技術への応用が期待されます。
本成果は、平成29 年(2017 年)6月8日(英国時間)に英国王立化学会誌「Chemical Communications」のオンライン版で公開され、掲載誌の裏表紙(Back cover)に選出されています。なお、本研究は、科学研究費助成事業若手研究(B)(課題番号15K17441)、科学研究費助成事業基盤研究(C)(課題番号15K05489)、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(2014‒2018)の支援のもとに行われました。

詳しくは、下記の詳細資料をご覧ください。

問い合わせ担当先

横浜国立大学 大学院工学研究院 助教 伊藤 傑 045-339-3936
メールアドレス:suguru-itoynu.ac.jp

(担当:総務部広報・渉外課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ