1. YNU
  2. ニュースセンター
  3. スポーツチャンバラサークル「翔剣会」の学生が第22回関東学生大会で多数入賞!

スポーツチャンバラサークル「翔剣会」の学生が第22回関東学生大会で多数入賞!

スポーツチャンバラサークル「翔剣会」より、大会結果の報告がありましたのでご紹介します。
【スポーツチャンバラサークル「翔剣会」より寄稿】
6月18日(日)に国士舘大学世田谷キャンパスにて行われた第22回関東学生大会に参加しました。
今大会は参加者総数420名という非常に大規模な大会となりました。そんな中、翔剣会から多くの入賞者、優勝者が出ましたので報告いたします。


山村知暉(1年)
新人基本動作 優勝

4月からスポーツチャンバラを始め、当初から非常に意欲的に練習に取り組んでいた山村。練習の成果を存分に発揮し、参加者が260名を超える新人基本動作の部で見事優勝に輝きました。


中森唯斗(1年)
新人基本動作 3位
新人男子長剣フリー 3位

山村と同じく4月からスポーツチャンバラを始め熱心に練習に取り組んできた中森は、新人基本動作と新人男子長剣フリーの2種目で3位となりました。新人男子で唯一2種目入賞を果たすという素晴らしい成果を残しました。


李孝範(2年)
有級男子小太刀 優勝
(小太刀代表決定戦 勝利)
→グランドチャンピオン戦

2年生の李は、落ち着いて試合にのぞみ、有級男子小太刀で優勝を果たしました。その後、グランドチャンピオン戦への出場者を決定する、有段男子小太刀優勝者との代表決定戦でも、上級生との対戦ながら落ち着いて相手の攻撃に対処し、勝利を収めた。グランドチャンピオン戦ではリーチ差のある長剣フリーの選手とあたり、惜しくも敗れました。


坂牧りさ(2年)
有段有級女子楯長剣 3位

有級女子長剣フリー 優勝
→グランドチャンピオン戦出場
有級女子長剣フリーで次々に相手を倒し優勝した坂牧は、有段女子長剣フリー優勝者との代表決定戦に臨んみました。有段選手という格上の相手との試合でありましたが、落ち着いて戦い、勝利を収めました。続くグランドチャンピオン戦では、リーチが長く、また、戦い慣れない長槍と対戦し惜しくも敗北しました。


梅澤芽以(3年)
有段有級女子長剣両手 優勝
→グランドチャンピオン戦 決勝進出

得意の長剣両手で優勝を果たした梅澤はグランドチャンピオン戦に出場し、会場を沸かせる試合を見せました。グランドチャンピオン戦初戦は楯小太刀を相手に冷静に戦い勝利。2回戦は女子グランドチャンピオン最有力候補者の楯長剣の選手と戦いました。リーチ差もあり圧倒的に不利と思われる状況でしたが、相手が近づいてきたタイミングで先に足に攻撃を決め見事に勝利しました。決勝戦は最もリーチが長い得物である長槍が相手であり、2回戦に引き続き不利な状況となりました。だが、先に相手選手に一本決められるも、二本目で落ち着いて相手の突きを捌き攻撃を決め、会場中に歓声沸き起こしました。しかし、最後は相手選手の突きが決まり惜しくも準優勝となりました。


原科太一(3年)
男子打突グランドチャンピオン
有段有級男子短槍 優勝
有段有級男子楯長剣 優勝

短槍と楯長剣の2種目で優勝した原科は楯長剣でグランドチャンピオン戦に出場しました。1回戦は楯小太刀との試合。自分より短い得物を持ってる選手に対して落ち着いて立ち回り、勝利しました。続く2回戦は二刀と当たりました。得物のリーチは互角でしたが、集中して試合に臨み、ここも勝利しました。迎えた決勝戦は長剣フリーとの戦いとなりました。相手選手はリーチで不利な長槍に勝ち、流れに乗っていましたが、落ち着いて自分の戦いをし、勝利。見事大会2連覇を果たしました。


五島昂征(3年)
有段有級男子短刀 準優勝

縄田寛希(2年)
有段有級男子楯長剣 敢闘賞(4位)

海氣奈那子(3年)
有段有級女子長剣両手 準優勝

小田垣優衣(2年)
有段女子長剣フリー 3位
有級小太刀 敢闘賞
有段有級楯小太刀 敢闘賞
有段有級楯長剣 敢闘賞

棚上好(2年)
有級女子小太刀 3位
有級女子長剣フリー 3位



ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ