1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 文部科学省の戸谷 一夫事務次官が横浜国立大学を訪問されました

文部科学省の戸谷 一夫事務次官が横浜国立大学を訪問されました

文部科学省の戸谷 一夫事務次官が、11月8日(水)に横浜国立大学を視察しました。
 学長室で行われた懇談では、長谷部学長ら大学執行部と、本学における教育・研究活動の現状、財政状況等について活発な意見交換が行われました。
 意見交換の後に学内の施設見学を行い、大型水槽実験棟では、工学研究院の平川 嘉昭准教授から大型実験水槽に関する説明を受けました。この水槽は、長さ100m、幅8m、水深3.5mの海洋波再現造波装置が付属した国内の大学最大規模の大型水槽です。本学では、この水槽を利用して様々な実験を行っていること等について説明がありました。
大学執行部との意見交換の様子 

大学執行部との意見交換の様子 

平川 嘉昭准教授による大型実験水槽の説明

平川 嘉昭准教授による大型実験水槽の説明

 続いて、本学の特色ある取り組みを行っている研究室等を視察しました。工学研究院の中尾 航教授の研究室では、自身が主任研究者である超高信頼性自己治癒材料について、説明を受けました。
 次に訪れた工学研究院の小坂 英男教授の研究室では、量子操作による光ナノ計測・情報通信の革新的イノベーションについて説明を受け、最新の光計測技術の研究設備を視察しました。
 最後に訪れた教職大学院棟では、教職大学院の授業科目「学校課題解決研究Ⅱ」を見学し、高木副学長から本学の教職大学院の現状や特色の説明を受けました。これらの研究室等の視察を通して、本学の教育・研究内容について熱心に各教員と意見を交わしていました。
 なお、今回の視察には、出塩 進 大臣官房総務課課長補佐(事務次官秘書)が随行されました。
中尾 航教授(左)から説明を受ける戸谷一夫事務次官(右)

中尾 航教授(左)から説明を受ける戸谷一夫事務次官(右)

小坂 英男教授(左)による研究説明の様子

小坂 英男教授(左)による研究説明の様子

学校課題解決研究Ⅱの授業見学の様子

学校課題解決研究Ⅱの授業見学の様子


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ