1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. クラウドファンディング開始!皆さまのご支援をお願いいたします

クラウドファンディング開始!皆さまのご支援をお願いいたします

横浜国立大学では、クラウドファンディングを開始しました。
第一弾となる今回は、横浜国立大学に眠る、稀代の名器「ベヒシュタイン」のグランドピアノです。

このピアノは、大正時代に購入した後、本学ともに数奇な運命を共にしてきたドイツ・ベヒシュタイン社製のグランドピアノです。1924年に購入されたこのピアノは、当時(大正末期~昭和初期)、東京音楽学校(現・東京芸大)と首相官邸にしかなかった希少な名器です。本学は、この名器を約100年の間、折りに触れて大事にその音色を奏でてまいりました。

太平洋戦争の戦災、進駐軍の接収、GHQへの返還請求、講堂の火災などの激動の時を過ごしたこのピアノは、1998年に、一度、卒業生の熱い思いを受けて大がかりな修理・調律を行っております。以降、大学内にある教育文化ホールに大切に記念保存・展示すると共に、その悠久の音色を鑑賞する機会を設けています。

しかしながら、その修理からも20年ほどの年月を経過し、都度調律はするものの、本来、このピアノが持つ音色を奏でることができなくなりました。そこで、前述の修理の際にご尽力いただいた専門業者に調査を依頼したところ、全ての部品を解体し、主要部品の交換や補修等を行う必要があることが判明しました。
稀代の名器、ベヒシュタインの100年伝わる音色、復活へ!新しいウインドウが開きます

近年、国立大学に配分される「運営費交付金」が減額され、本学においても大学として必要な最低限の教育・研究の為の資金を賄うことが精一杯な状況です。そのような状況下において、ピアノの修理・維持費の捻出には思慮せざるを得ません。

しかし、縁あって本学に伝わり、守られてきたこの名器をこのまま廃れさせてしまうわけにはいきません。

そこで、この機会に、本学にこのような名器があることを広く皆様に知ってもらい、大学の取り組みを多くの方に認知していただきたく、今回、クラウドファンディングに挑戦するに至りました。クラウドファンディングを通じて、悠久の音色の復活を目指すための支援金を募集します。

購入当時横浜で1台しかなかった貴重なこのピアノを、地域の財産として未来に伝え、地域貢献の一環として運用していくためにも、皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

クラウドファンディングウェブサイトはこちら新しいウインドウが開きます


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ