1. 国際戦略推進機構トップ
  2. ニュース
  3. フィンランド、オウル大学にて異文化交流と国際協力を祝うイベント「Festival of Cultures and Co-operation」が開催されました

フィンランド、オウル大学にて異文化交流と国際協力を祝うイベント「Festival of Cultures and Co-operation」が開催されました

 オウル大学にオープンしたTellus Innovation Arenaは今年で1周年を迎えました。2016年8月に横浜国立大学ブランチオフィスが設置されたInternational Avenueを宣伝する目的もあり、本学ブランチオフィスと共同で本学とオウル大学間の国際性の重要さをアピールするとても賑やかなパーティーになりました。
 オウル大学では現在88カ国からの学生・研究者が在籍しており、その中から今回は25カ国からの出展希望がありました。合計30以上のプレゼンテーション、演奏、民族衣装の試着、試食やダンスなどのインタラクティブな文化紹介イベントがTellus内の各ブースにて行われました。
 色とりどりの国旗が翻る中、オウル大学からはMatti Sarén副学長、本学からは長谷部 勇一学長の代理で工学研究院 河野 隆二教授が出席し、開会式にてスピーチをされました。また、日本文化の紹介では日本人留学生の協力の下、ブースにて日本の伝統的玩具や習字作品を常時紹介した他、折り紙教室、日本酒の試飲、人気の寿司作り教室を催しました。寿司教室が開かれたミーティングルームには定員をはるかに超える人が押し寄せ、まるで日本の満員電車のような光景でした。
日本文化ブースにて

日本文化ブースにて

けん玉に挑戦

けん玉に挑戦

 オウル大学内で行われたイベントでこの規模のものは前例が無く、会場への来場者数は2500人を超えました。SNSを通じた宣伝も功を奏し、オウル大学広報のsnapchatでは今までで一番のフォロワー数を獲得出来ました。
 今回のイベントは海外からのゲストに本学をアピールする機会でもあり、ブランチオフィススタッフがオウル大学での活動や本学への留学方法について発表をしました。
 ブランチオフィスでは本学への留学情報セミナー、日本文化の広報の一環として料理教室などを開催しています。イベントの効果もあり、2017-2018年に本学へ留学を希望するオウル大学の学生数が増加し、他の日本の大学と比べると最多の留学希望者を獲得することができました。今後、オウル大学との益々の交流の発展が期待されます。
Tellusイベントの様子

Tellusイベントの様子

イベント後の記念撮影の様子

イベント後の記念撮影の様子


ページの先頭へ

[an error occurred while processing this directive]

トップページへ

ページの先頭へ