1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 教育学部附属特別支援学校にてJICA 2018年度課題別研修生を受け入れました

教育学部附属特別支援学校にてJICA 2018年度課題別研修生を受け入れました

集合写真

集合写真

2018年11月26日(月)、教育学部附属特別支援学校にてJICA 2018年度課題別研修 「障がいのある子どもへの教育制度~特別支援教育を活かしたインクルーシブ教育システムの構築~」の研修生を受け入れました。エスワティニ、ガボン、スーダン、サモア、スリランカ、ナミビア、ベトナム、モルディブ、ラオス、モンゴル、レソトの 11ヵ国より11名が研修生として訪問しました。

一行はまず林真由主幹教諭の案内で学校見学を行い、体育館で行われた全校朝会と全校集会に参加しました。全校朝会では、生徒の皆さんへ渡部匡隆校長から研修生の紹介が行われ、研修生は歌を披露しました。全校集会では、生徒会で企画したじゃんけん列車のレクリエーションが行われ、研修生も参加して、生徒にじゃんけんの方法を教わりながら一緒に楽しみました。その後、小学部、中学部の授業参観を行い、校内の設備を見学しました。
授業見学の様子

授業見学の様子

全校集会見学の様子

全校集会見学の様子

研修生が歌を披露しました

研修生が歌を披露しました

授業の様子

授業の様子

見学の後は、竹内智子国際戦略室長より本学の紹介を行い、講義が行われました。杉﨑郁夫副校長より「日本の知的障害教育と本校の教育活動」と題して附属特別支援学校の紹介及び神奈川県でのインクルーシブ教育について説明がありました。また、渡部校長より「日本における特別支援教育の教員養成及び現職教員の研修の仕組み」と題して、特別支援学校の教員免許状に関する説明がありました。研修生からは自国との違いについて様々な質問があり、教員の働き方等、共通の課題も明らかになりました。
研修員から杉﨑副校長へ記念品贈呈

研修員から杉﨑副校長へ記念品贈呈

渡部校長の講義の様子

渡部校長の講義の様子

今回の受け入れは、附属特別支援学校での取り組みについて世界へPRする良い機会となりました。

(担当:国際戦略推進機構)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ