1. YNU
  2. 大学案内
  3. 情報公開
  4. 教職員採用情報
  5. 大学教育総合センター特任教員(助手)大学教育再生加速プログラム支援室公募【12/8必着】

大学教育総合センター特任教員(助手)大学教育再生加速プログラム支援室公募【12/8必着】

職名 特任教員(助手)
人数 1名
採用日 2015年4月1日
任期 平成28年3月31日まで
大学改革推進等補助金の継続交付等により、年度ごとに更新の可能性あり。
ただし、最長で平成30年3月31日を限度とする。
※雇用契約の更新の有無については、期間終了30日前までに通知する。
待遇 本学の規則に従い、年俸制とします。
月曜日~金曜日 8時30分~17時15分 ※休憩時間60分
実働 週38時間45分 超過勤務あり
職務・研究内容 大学教育再生加速プログラム(文部科学省大学改革推進事業)選定により、大学教育総合センターに置く大学教育再生加速プログラム支援室の業務
・教学情報データの収集分析及び統計資料の作成
・教学IR会議、外部評価委員会等の資料作成
・教務事務システム改修、FD活動、キャリア教育活動の業務支援
・学生又は卒業生その他のステークホルダーを対象とする各種調査
・APプログラムニュースレターの発行
・その他支援室の運営業務
選考方法 第一次選考:書類選考
第二次選考:面接試験(日程は第一次選考合格者にのみ連絡します。)
なお、選考審査に関する問い合わせには応じられません。
※面接試験のための交通費、宿泊費は自費となります。
応募資格・要件 (1)大学改革に強い関心と意欲がある者
(2)修士の学位を有する者又は取得見込みである者
(3)教育学、社会学又は統計学を専攻している者
提出書類 (1)履歴書(市販の用紙に写真貼付)
(2)指導教員の承諾書(大学院博士課程に在学しながら勤務を希望する方のみ   (任意様式))
(3)自己PR書(任意様式)
*次の2点について記入してください。
○本学がプログラム選定された「学修成果の可視化」に関して、あなたのこれまでの経験や知識を踏まえて述べてください。
○現在の大学教育の問題点は何か、改善すべき点は何かについて、あなたの経験や知識、スキルがどのように役立つかを自己PRしてください。
応募締切 2014年12月8日
(必着)受付終了
送付先 〒240-8501
横浜市保土ケ谷区常盤台79-8 学生センター内
横浜国立大学学務・国際部教務課長 岸 信治
TEL 045-339-3104、FAX 045-339-3100
応募方法 封筒に「大学教育総合センター特任教員(助手)応募書類」と明記し、書留又は簡易書留にて上記送付先に郵送してください。

・提出書類については、選考に係る審査にのみ利用し、本学の規則に基づき適切に管理します。
・提出書類は返却いたしません。
・本学では、横浜国立大学男女共同参画宣言の精神に基づき、また、人材の多様性を目指す視点から、女性および海外での教育・研究経験者の積極的な応募を歓迎します。

その他の採用情報は、以下のページに掲載しています。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ