1. YNU
  2. 教育・研究
  3. YNUの研究
  4. 教員・学生の受賞
  5. 板垣勝彦准教授が都市住宅学会の学会賞・著作賞を受賞しました

板垣勝彦准教授が都市住宅学会の学会賞・著作賞を受賞しました

教員・学生の受賞一覧

受賞情報

都市住宅学会 著作賞 賞状

大学院国際社会科学研究院の板垣 勝彦准教授の著作『住宅市場と行政法―耐震偽装、まちづくり、住宅セーフティネットと法―』が公益社団法人都市住宅学会の学会賞・著作賞を受賞し、平成30年5月28日に受賞式が行われました。

都市住宅学会の学会賞・著作賞は、都市住宅に関する学術の向上・発展に大きく貢献する優れた著作に授与されます。

板垣准教授の著作は、住宅にかかわる法制を丁寧に解きほぐし、行政法学の視点から再構築した力作です。住宅行政実務に大きな影響を及ぼす重要判例について掘り下げた検討が行われるとともに、指定確認検査機関のあり方について分析がなされ、防災法・災害復興法という最新の課題についても住宅市場を積極活用した住宅セーフティネットの構築が提言されるなど、住宅政策への重要な示唆に富むものであり、行政法学にとどまらず、建築学、都市工学、住居学など幅広い分野を横断する学際的研究としての「住宅法」という新しい分野を確立し、その懐の深さと可能性を示したきわめて有益な業績として、都市住宅学会賞著作賞にふさわしいものと評価されました。

都市住宅学会賞について

都市住宅学会賞


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ