1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. JICA×横浜国立大学連携案件 トンガ帰国報告会を開催しました

JICA×横浜国立大学連携案件 トンガ帰国報告会を開催しました

2015年6月22(月)横浜国立大学中央図書館メディアホールにおいてトンガ帰国報告会を開催しました。長谷部勇一学長、高木まさき教育人間科学部部長はじめ約62名の方にご参加いただきました。本ページにおいて当日の様子をお知らせします。
なお本大学連携案件に関わってくださっているJICA、JICAトンガ支所、横浜国立大学関係者のみなさまに厚く御礼申し上げます。

JICA×横浜国立大学連携案件とは
2014年7月から5ヵ年計画で、横浜国立大学の学生・院生らが青年海外協力隊・シニアボランティア(短期)の家政・生活改善隊員としてトンガに派遣されています。南太平洋に位置するトンガでは、NCD(生活習慣病)の増加が深刻な問題となっています。その問題を解決するために、トンガの農業省や保健省に配属され、生活習慣病予防の啓発活動や料理教室、TV番組作成等の活動を行っています。現在までに3名が活動を終了し、2名が活動中です。2015年7月には5名の学生・院生らが派遣予定となっています。
1.日時: 2015年6月22日(月)午後12時から
2.場所: 横浜国立大学中央図書館メディアホール
3.内容
【第一部】
(1) オープニング挨拶
長谷部勇一学長、室井尚課程長よりご挨拶していただきました。
長谷部勇一 横浜国立大学学長

長谷部勇一 横浜国立大学学長

室井尚 課程長

室井尚 課程長

(2) 帰国報告
すでに活動を終えた3名が帰国報告を行いました。

芦田華(教育人間科学部人間文化課程卒業)
2014年7月から10月まで離島エウアの農業省女性開発部で活動しました。女性グループを対象に、クッキングデモンストレーションやヘルスチェック、他職種の隊員と協力しウォーキングやエクササイズを行いました。
<ひと言>
トンガでは学生でありながら貴重な経験をさせていただきました。また、この報告会でお世話になった皆様の前で活動報告をできたことを嬉しく思います。昨年のトンガでの経験を、次のトンガ派遣やペルーでの活動に生かしていきたいです。

奥原有佳(教育人間科学部人間文化課程4年)
2014年10月から2015年4月までトンガタプ島(本島)の農業省女性開発部で活動しました。農村の女性グループへの生活習慣病講習やヘルスチェック、クッキングデモンストレーション、エクササイズ等を行いました。
<ひと言>
活動の難しさは常に感じていましたが、現地のみなさんの笑顔は私の原動力になりました。至らない点もたくさんあったと思いますが、多くの方々が支えてくださり感謝しています。この報告会がトンガのことを知ったり、関わりたいと思ったりする機会になったらうれしく思います。

高部優子(都市イノベーション学府博士後期課程2年)
2015年2月から5月までトンガタプ島の保健省ヘルスプロモーションユニットのメディア部門で活動しました。野菜を多く使用したメニューの料理方法や栄養バランスを紹介するポップアニメーションを使用した15分TV番組制作を行いました。
<ひと言>
時間など色々な制約はありましたが、非常にいい経験をさせていただいたと思います。私は社会人ですが、大学生のときにこのような経験ができるのは、とても貴重なことだと思います。大学連携は続くそうなので、多くの大学生にいい経験をしてほしいなと思います。

(3) 7月派遣隊員 活動計画発表
2015年7月から8月までトンガタプ島の農業省女性開発部で主に調査を行う5名より活動計画の発表をしました。
芦田華(教育人間科学部人間文化課程卒業)
川合里沙(都市イノベーション学府都市地域社会 博士課程前期1年)
栗山頌子,坂根優奈,佐藤脩平(教育人間科学部人間文化課程3年)

7月6日(月)に日本を出発し、現在トンガにて活動中です。

7月6日(月)に日本を出発し、現在トンガにて活動中です。

【第二部 フリーセッション】
(1) 活動中の隊員(大学連携)から報告
現在トンガで活動中2名からの報告の代読を行いました。

細川高頌 (教育人間科学部人間文化課程4年)
活動期間:2014年2月から2015年12月
配属先:保健省ヘルスプロモーションユニット メディア部門

玉腰純(教育人間科学部人間文化課程4年)
活動期間:2015年4月から9月
配属先:農業省女性開発部(トンガタプ島)

(2) クロージング挨拶
都市イノベーション研究院 藤掛洋子教授より挨拶していただきました。

Yokohama National University (YNU) has a cooperative program with Japan International Cooperation Agency (JICA). This year YNU students have participated in various community development activities under the guidance of Japan Overseas Cooperation Volunteers (JOCV). Returned YNU students from the Kingdom of Tonga had a briefing session on June 22, 2015. Currently (as of August 5, 2015), five YNU students are working as volunteers in the area of women development there.

お問い合わせ

横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院・教授 
独立行政法人国際協力機構青年海外協力隊事務局技術顧問
藤掛洋子 
Email: yoquita@ynu.ac.jp

(担当:都市イノベーション学府)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ