1. YNU
  2. 国際交流・留学
  3. YNUに留学をお考えの方
  4. 外国人留学生が入学するために必要な手続きについて

外国人留学生が入学するために必要な手続きについて

外国人留学生が横浜国立大学に学部生、大学院生または研究生として入学するためには、以下の手続きが必要です。(※日本政府(文部科学省)奨学金留学生や各国の政府派遣留学生の場合は手続きが異なります。詳しくは在外日本国公館や奨学金を支給する機関へご確認ください。)

0.旅券(パスポート)を取得する

旅券(パスポート)は自国の政府から発行されるもので、これがないと出入国することができません。初めてパスポートを申請する場合は、さまざまな証明書が必要となり、受け取るまで時間がかかる場合もあります。パスポートを持っていない学生は、事前に確認した上で、余裕を持って申請手続きをしてください。

ページの先頭へ

1.入学試験を受験し合格する

受験について

学部または大学院の正規生になるためには、入学試験に合格する必要があります。また、ほぼすべての学部・大学院において、研究生になるためには、出願前に教員と連絡を取り、受入れ内諾を取り付ける必要があります。募集人員、出願資格、選抜方法、合格発表等の情報は下記のウェブサイトや募集要項で確認してください。

受験のための来日について

なお、受験のために来日する場合、国によっては査証(ビザ)が必要になります。ビザが必要かどうかは下記外務省のウェブサイトを参照してください。ビザが必要な学生は、本学の受験票を持って在外日本国公館で受験目的の「短期滞在」ビザを取得してください。滞在できる期間は15日、30日または90日です。滞在期間中に入学の手続きまで完了した場合には、日本国内において「短期滞在」ビザから「留学」ビザへ在留資格変更許可を受けることができます。

ページの先頭へ

2.在留資格認定証明書を取得する

在留資格認定証明書の申請について

横浜国立大学へ入学するには「留学」のビザが必要になりますが、そのためには、在留資格認定証明書を日本の入国管理局から取得しなくてはいけません。在留資格認定証明書は申請から交付まで通常(問題がない場合)4~5週間程度かかりますので早めに準備・申請するようにしてください。
在留資格認定証明書は以下の者が申請できます。(この証明書の申請は日本国内からしかできません。郵送による申請もできません。)

  1. 申請者本人
  2. 本人に対して奨学金を支給する機関、その他本人の滞在費を支弁する機関の職員
  3. 日本に在住している本人の親族(友人・知人は不可)
  4. その他法務省で定める者(行政書士、弁護士等)

注意:横浜国立大学では、一部の特別プログラム等を除いて「在留資格認定証明書」の代理申請は行っておりません。

交付申請に必要な書類について

在留資格認定証明書の交付申請に必要な書類については下記ウェブサイトを確認してください。

横浜国立大学では、交付申請に必要な書類のうち、在留資格認定証明書交付申請書(所属機関等作成用)と入学許可書を作成し、学生に交付しています。

在留資格認定証明書交付申請書(所属機関等作成用)が必要な学生は、合格後、各学部・大学院の担当窓口に作成を依頼してください。

入学許可書は入学手続き完了後に発行されます。在留資格認定証明書の交付申請には、原則、入学許可書が必要になりますが、学期開始に間に合わないなどの理由で、入学許可書発行前に在留資格の取得・更新手続きをする必要があると大学が認めた者に限り、外国人留学生受入証明書を交付します。

ページの先頭へ

3.「留学」査証(ビザ)を取得する

在留資格認定証明書の申請について

「在留資格認定証明書」が準備できたら、在外日本国公館や日本国内の入国管理局で「留学」ビザの申請を行ってください。ビザは申請から交付まで通常(問題がない場合)1週間程度かかります。

必要な書類については必ず事前に問い合わせてから申請するようにしてください。なお、「在留資格認定証明書」があっても「留学」ビザの交付が保証されるものではありません。申請から交付までの時期は各入国管理局や各国在外公館によって異なりますので、申請先にお問い合わせください。

4.渡日時・渡日後に必要な手続き

羽田空港、成田空港、中部空港、関西空港で、3ヶ月を超える期間日本に滞在することが許可された人には、パスポートに上陸許可の印が押され、在留カードが渡されます。在留カードについては入国管理局のウェブサイトをご覧ください。

来日してから行う在留資格に関する手続きや、学生生活については下記サイトを確認してください。

(担当:学務部 国際教育課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ