横浜国立大学国際戦略

横浜国立大学国際戦略(全文)PDFファイルが開きます(536KB)

第1部 基本戦略

達成目標

卓越した「実践的学術の拠点」を形成し、それを世界中どこからも見えるようにすることによって、世界に開かれた大学を実現する。

基本指針

  1. 学内資源を有効に活用し、メリハリ型・重点型の国際交流活動を展開する 国際交流を網羅型からメリハリ・重点型へと転換し、限りある学内資源を有効活用することによって最大限の効果をあげることを目指すとともに、質の高い活動を展開する。
  2. 世界を舞台に活躍できる人材を全力をあげて育成する 国際的なコミュニケーション能力、異文化を理解する力、実践的な課題解決能力などに優れ、世界を舞台に活躍することのできる人材を、大学入学時点から卒業・修了に至るまで全力をあげて育成する。このため、学生の海外派遣も一層積極的に支援する。また、世界中から優秀な学生を受け入れ、彼らの能力を更に高めて世の中に送り出すことを目指す。
  3. 世界に開かれた教育研究活動を展開する 世界水準の質の高い教育研究活動を実施し、それを世界に発信することを各教職員が心がける。また、大学ランキングに過度にとらわれることのないよう注意しつつ、世界的に本学についての正当な評価が得られるよう、情報発信の質をソフトウェア・コンテンツの両面で高めていく。さらに、世界の知のネットワークと連携し、主体的に活動することで世界に開かれた大学を実現する。
  4. キャンパスの国際化を図るとともに、キャンパスで生まれた国際的ネットワークを大切に育んでいく 国際通用性があり、異文化に対しても寛容なキャンパスづくりに努め、学内を国際交流の拠点とするとともに、国内外の本学出身者交流を支援するなどキャンパスで生まれた国際的ネットワークを大切に育んでいく。
  5. 横浜の地理的特性、歴史的背景を活かした国際交流活動を展開する 国際都市横浜において成長してきた本学の歴史的背景、地理的特性を生かし、地域社会とも連携しつつ、個性と魅力に富んだ国際交流活動を展開する。
  6. 地球的規模の重要課題解決に向け積極的に貢献する人類社会が直面する 諸課題の解決に向け、本学の実践的学術の成果をもって貢献していくとの姿勢を常に持ち、世界とともに歩む。日本政府や諸外国、国際機関等からの知的支援の要請にも積極的に応えていく。

第2部 行動戦略

第1部で示した基本戦略を実現するため、ここに中期的な行動戦略を示す。
本行動戦略が視野に入れている期間は、次期中期目標期間(2010~2015年度)終了時である2015年度末までとする。なお、今後、本学の次期中期目標・中期計画の検討状況を踏まえ、必要に応じ改訂する。

A. 国際人材育成戦略

  1. 教育内容及び教育水準の国際化
  2. 世界で活躍する人材の育成
  3. 重点地域との交流促進
  4. 優秀な留学生の確保、留学生支援の充実

B. 国際学術研究推進戦略

  1. 世界水準の学術研究拠点創出
  2. 研究水準の国際化
  3. 研究環境の国際化
  4. 世界を相手に研究を展開できる若手研究者の育成
  5. 国際共同研究、国際的な産学連携活動の拡充

C. 国際連携推進戦略

  1. 戦略的・実質的な大学間交流の展開
  2. 本学の実践的学術の成果を生かした国際的な重要課題への積極的な貢献
  3. 特色ある国際連携の推進
  4. キャンパスで生まれる国際ネットワークの強化、海外拠点の整備

D. 組織、財務、広報等の基盤戦略

  1. 国際戦略推進体制の抜本的強化
  2. 財務体制の強化
  3. 海外への情報発信の強化
  4. 国際的知名度の向上
  5. キャンパスの国際化
  6. 海外における安全と危機管理

(担当:学務・国際部 国際課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ