留学生交流支援制度(短期受入れ)

留学生交流支援制度(短期受入れ)とは

留学生交流支援制度(短期受入れ)は、日本の大学、大学院、短期大学、高等専門学校(専攻科を含む。なお第2年次以下を対象とするものを除く。)又は専修学校(専門課程)が、諸外国の高等教育機関との学生交流に関する協定等に基づいて、8日以上1年以内、諸外国の在籍校に在籍している学生を受け入れるプログラムを実施する場合、そのプログラムを支援する日本学生支援機構(JASSO)の奨学金制度です。
これらのプログラムに参加する学生に対して、渡航に必要な経費の一部を奨学金として支援することにより、我が国の高等教育機関の学生交流の充実を図るとともに、我が国の高等教育機関の国際化・国際競争力強化に資することを目的としています。

この制度は、次の2つの区分に分かれます。

交流協定留学型
授業料不徴収・授業料免除の内容を含む学生交流協定に基づく交換留学として、1セメスター以上1学年以内の間、協定相手の在籍大学等から学生を受入れるもの。
短期研修・研究型
在籍大学等との連携により作成されたプログラムに基づき、学生を受入れるもの。


平成25年度、交流協定留学型が3プログラム、短期研修・研究型が2プログラム採択され、合計で94名の受入れを予定しています。

採択プログラム一覧

  

平成25年度 採択プログラム

  

交流協定留学型

  プログラム名
(1) 横浜発都市文化共創を通じた実践型ファシリテータ教育プログラム
(2) 横浜発都市社会マネジメントを通じた実践型ファシリテータ教育プログラム
(3) 横浜発都市創成技術を通じた実践型ファシリテータ教育プログラム

短期研修・研究型

  プログラム名 交流大学(国・地域) 実施部局
(1) 貿易・開発・文化を考察するための臨地研修プログラム サント・トマス大学、フィリピン大ディリマン校(フィリピン)
カリフォルニア大学サンタクルーズ校(アメリカ)
国際社会科学府
(2) 新世代知日派台湾文学研究者養成のための日本台湾学術交流プログラム 国立台湾大学、国立政治大学、国立清華大学(台湾) 留学生センター

関連リンク

(担当:学務部 国際教育課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ