募集要項

【制度の概要】

目的と制度設計

  
  1. 目的
    教員免許更新制は、その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身に付けることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すものです。
    ※ 不適格教員の排除を目的としたものではありません。
  2. 基本的な制度設計について
    原則的に、有効期間満了日(修了確認期限)の2年2ヶ月から2ヶ月前までの2年間に、大学などが開設する30時間以上の免許状更新講習を受講・修了した後、免許管理者(都道府県 教育委員会)に申請する必要があります。また、有効期限の延長(修了確認期限の延期)が可能な理由に該当する場合や、講習の免除対象者に該当する場合には、申請などそのために必要な手続きを行います。

受講対象者・受講証明

Ⅰ.受講対象者

  1. 旧免許状(平成21年3月31日までに授与された普通免許状又は特別免許状)を有する者で、次の(1)に掲げる
    修了確認期限を迎える(2)に該当する者です。なお、修了確認期限の経過後でも該当する場合がありますので
    受講の有無については免許管理者である都道府県教育委員会にお問い合わせ願います。
  2. 神奈川県教育委員会ホームページ(教員免許状関連) 別カテゴリーへ移動します
    1. (1)修了期限
      1. ①普通免許状又は特別免許状を有する場合
        修了確認期限 生年月日
        平成30年3月31日までの者 昭和37年4月2日~昭和38年4月1日
        昭和47年4月2日~昭和48年4月1日
        昭和57年4月2日~昭和58年4月1日
        平成31年3月31日までの者 昭和38年4月2日~昭和39年4月1日
        昭和48年4月2日~昭和49年4月1日
        昭和58年4月2日~昭和59年4月1日

      2. ②栄養教諭免許状を有する場合
        修了確認期限 免許状を授与された日
        平成30年3月31日までの者 平成19年4月1日~平成20年3月31日
        平成31年3月31日までの者 平成20年4月1日~平成21年3月31日

    2. (2)免許状更新講習の受講対象者
      1. ①現職教員(校長、副校長、教頭を含む。ただし、指導改善研修中の者を除く。)
      2. ②実習助手、寄宿舎指導員、学校栄養職員、養護職員
      3. ③教育長,指導主事,社会教育主事,その他教育委員会において学校教育又は社会教育に関する指導等を行う者
      4. ④ ③に準ずる者として免許管理者が定める者
      5. ⑤教員採用予定者
      6. ⑥教育委員会や学校法人などが作成した臨時任用(又は非常勤)教員リストに登載されている者
      7. ⑦過去に教員として勤務した経験のある者
      8. ⑧認定こども園及び認可保育所の保育士
      9. ⑨幼稚園と同一の設置者が設置する認可外保育施設に勤務する保育士

    制度に関する詳細は,文部科学省HPをご覧ください。
    文部科学省ホームページ 別カテゴリーへ移動します

  3. 新免許状(平成21年4月1日以降に授与された普通免許状又は特別免許状)を有する者で、授与された免許状の有効期間満了までが2年2ヶ月の期間内にある上記1.の(2)に該当する者
  4. 免許状授与の申請を行う者
    1. (1)修了確認期限までに更新講習修了確認を受けていない者、及び有効期間の満了により免許状が失効している場合で、改めて免許状の授与申請を行う者
    2. (2)普通免許状に係る所要資格を得た後10年を経過する者で、免許状の授与申請をする者など。

※修了期限の確認はこちらから↓
文部科学省ホームページ 別カテゴリーへ移動します

【お願い】
受講期間は2年間ですが、余裕をもって免許状の更新手続きを行うために、できるだけ1年目の期間の中で
受講されるようお勧めします。

ページの先頭へ

Ⅱ受講証明

更新講習を申込する際には、下記に該当する証明者から受講対象者であることの証明を受ける必要があります。

「免許更新講習受講申込書」を作成する際に、受講対象者であることの証明を受けてください。

 
受講対象者の区分 証明者
教育職員
教育の職
教員職員
(主幹教諭、指導教諭、教諭、
助教諭、養護教諭、養護助教諭、
栄養教諭、主幹保育教諭、指導保育教諭、
保育教諭、助保育教諭、講師
公立学校 校長
※校長本人の場合は
教育委員会
国立学校 校長
※校長本人の場合は
法人の長
校長(園長)、副校長(副園長)、
教頭、実習助手、寄宿舎指導員、
学校栄養職員、養護教員
私立学校 校長
※校長本人の場合は
法人の長
共同調理場に勤務する
学校栄養職員
場長
※場長本人の場合は
教育委員会
指導主事、社会教育主事、その他教育委員会において
学校教育又は社会教育に関する専門的事項の指導等に
関する事務に従事している者
任命権者
国・地方公共団体の職員等で、
上記の者に準ずるものとして免許管理者が定める者
任命権者または雇用者
その他文部科学大臣が定める者 その者の任命権者または雇用者
教員採用内定者
教員採用内定者に準ずる者
教員採用内定者 任用または雇用予定者
認定こども園および認可保育所の保育士 当該施設の長
幼稚園と同一の設置者が設置する
認可外施設に勤務する保育士
当該施設の設置者
教育職員となることが見込まれる者
(臨時任用リスト搭載者等)
任用または雇用する可能性がある者
その他 教員経験者 任用していた者、雇用していたもの
※校長本人の場合は教育委員会

ページの先頭へ

免除対象者・修了確認期限延期対象者

免許状更新講習を受講せずに、免許管理者(都道府県教育委員会)に申請を行うことによって、免許状を更新できる者(免除対象者)及び修了確認期限を延期できる者(修了確認期限延期対象者)は以下のとおりです。

  1. 免除対象者
    1. ①教員を指導する立場にある者
      • 校長(園長)、副校長(副園長)、教頭、主幹教諭又は指導教諭
      • 教育長、指導主事、社会教育主事、その他教育委員会において学校教育又は社会教育に関する指導等を行う者
      • 免許状更新講習の講師となっている者など
    2. ②優秀教員表彰者

      文部科学大臣、教育委員会などから、各教科の指導法又は生徒指導その他の所持する免許状に関係する知識技能が優秀であることについて表彰を受けたことのある者

  2. 修了確認期限延期対象者
    1. ①心身の故障等による休職、引き続き90日以上の病気休暇、産前・産後の休暇、育児休業又は介護休業期間中の者
    2. ②大学の大学院の課程若しくは専攻科の課程等で専修免許状の取得を目的として在学している者など
    3. 詳細については、免許管理者(都道府県教育委員会)にお問い合わせ願います。

ページの先頭へ

講習内容・受講時間

更新講習は、下記の3領域の講習を合わせて30時間以上受講・修了認定される必要があります。

必修領域
受講時間6時間以上

①全ての受講者が受講する領域
②1講習6時間の講習を1日で実施

選択必修領域
受講時間6時間以上

①受講者が所有する免許状の種類、勤務する学校の種類又は教育職員としての経験に応じ選択して受講する講習
②1講習6時間の講習を1日で実施

選択領域
受講時間18時間以上

①受講者が任意に選択して受講する講習
②3講習受講
③1講習6時間の講習を1日で実施

ページの先頭へ

受講定員・追加募集

  1. 開設する講習には、受講定員を設けております。受講定員以上の申込はキャンセル待ちとなります。
  2. 受講申込者が10名に達しない場合は、原則として講習は開設しません。(募集人員が10名以下の場合を除く)その際は、他の講習への振替等について申込者と個別に対応させていただきます。
    詳細は講習名をクリックして講習情報をご確認ください。
  3. 募集期間内で受講定員に満たなかった場合は、追加募集を行います。
  4. 追加募集期間の予定は次のとおりです。
    追加募集期間 : 平成29年5月15日(月)~7月7日(金)
    8月開設講習で定員に満たない講習のみ募集

ページの先頭へ

受講申込

1.受講手続き略図

受講を希望する方は、次の方法より申込みをしてください。

ページの先頭へ

2.Webで申込予約

講習の受講申込は、「Web申込予約」のみです。 Web以外の方法(例:電話、FAX、電子メール等)での申込予約はできません。
(1)申込予約を行うには、『受講者IDを取得』する必要があります。
下記の『受講者ID受講申込はこちら』をクリックし、受講者ID取得手順をご確認の上、受講者ID取得の手続きを実施してください。
※既に受講者IDを取得している方は、受講者IDの取得は不要ですが、平成27年度以前に受講者IDを取得されている場合は、制度の見直しにより、選択必修領域の講習を申込する場合は、「職務経験等」の情報が必要になりました。『教員免許状更新講習サービスシステム』の【個人情報変更】から「職務経験等」を入力してください。入力されていない場合は講習の申込の際にエラーになり予約申込ができません。

(2)受講を希望する方は、下記の【受講申込はこちら】をクリックして「ご利用の手引き」をダウンロードの上利用してください。また、初めてシステムを利用される方は、下記の【受講申込はこちら】をクリックして「受講者IDの取得の手引き」をダウンロードしてください。
なお、ダウンロードしたファイルはパソコンに保存や印刷ができます。

(3)申込予約は、下記の【受講申込はこちら】をクリックして掲載内容を確認の上、『教員免許状更新サービスシステム』をクリックするとシステムのTOP画面に変わります。

Web申込予約の留意点
  1. Web申込予約を行う教員免許状更新受付サービスシステムでは、受講申込予約受付前でも、受講者IDの取得をすることができます。
    詳細は「受講者ID取得の手順」を参照してください。なお、既にIDを取得している方は、取得済みのIDで操作してください。
  2. Web申込予約の受付は、募集期間初日の午前6時からとなります。
  3. 申込予約は、先着順で行い、受講定員以上の申込はキャンセル待ちとなり、欠員が生じた時点で繰り上がり、講習の申込予約を受付ます。受付した際は、講習の申込予約を受付したことのメールを送信します。
  4. 同一名称の講習は、 同じ内容ですので申込ができません。履修対象時間数の対象外となります。(過年度に受講した講習についても同様です。)なお、同一 名称でなくても、同様の内容のために講習の詳細情報で受講を制限している場合がありますので必ず確認してください。
  5. 申込予約を行った後に、講習の変更を行う場合は、「受講のキャンセル」を参照してください。
  6. 以下の事項は「ご利用の手引き」の中で指示されていますが、受講者からの質問が多いこともあり、特にご留意願います。
    • 受講者ID・パスワードは必ずメモをするなど記録を残しておいてください。
    • 所持している教員免許状の種類は、事前に確認をした上で入力を行ってください。
    • システムに登録した『メールアドレス』に変更がある場合は、ご自身でシステムにログインして個人情報変更をしてください。重要な個人情報のため、大学では『変更』できません。受講者IDやパスワードを忘れた場合に再発行する際に必要です。一度個人情報を登録すると二重に登録はできません。
    • 講習の詳細情報は、検索した講習名をクリックすると表示されます。受講対象者、スケジュール、講習内容、教材購入の有無や会場等の情報を必ず確認してください。

3.受講申込書の提出

  1. (1)Webで申込予約をした後に、システムから教員免許状更新講習受講申込書(以下「受講申込書」という。)を印刷して、証明者から証明を受けて予約申込をした日から『14日以内』に下記の「お問い合わせ先」へ郵送又は持参してください。
  2. (2)受講申込書印刷後の手続等の詳細は、受講申込書と一緒に印刷される「教員免許状更新講習の受講手続きについて」をご確認ください。
  3. (3)受講申込書の提出は、申込をした全ての講習を纏めて封筒に封入し、封筒の表面右下に朱書きで「受講者ID」を記載してください。

ページの先頭へ

受講料

受講料の額1時間当たり【1,000円】

  • 6時間の講習を受ける場合                   6,000円
  • 12時間の講習を受ける場合               12,000円
  • 18時間の講習を受ける場合               18,000円
  • 6時間の選択領域3講習と選択必修領域1講習と
    必修領域1講習を受ける場合                 30,000円

但し、開設講習によっては別にテキスト代・実験材料費等が加わることがあります。

受講料の払込方法

受講料の請求書(封書タイプ)が届きましたら、最寄りのコンビニエンス・ストアで支払をしてください。
※支払はコンビニエンス・ストアのみです。

受講料支払いの注意事項
  1. 受講料の支払期限は、請求書に記載されている期限内に必ず支払を済ませてください。
    支払期限を過ぎますと、コンビニエンス・ストアでの支払はできなくなります。
    また、支払期限内に支払われなかった場合は、申込がなかったものとして取扱され申込予約データが削除されることがあります。
  2. 請求金額は受講料のみの金額で請求されます。また、受講申込書を提出した日が異なる場合は、請求書はそれぞれに発行され、その都度請求されますので、予めご了承ください。
  3. 請求書が受講申込書送付後1週間を経過しても届かない場合は、お問い合わせ先へ必ず連絡し てください。

ページの先頭へ

修了認定試験・修了認定

修了認定試験

  1. 修了認定試験の対象者は、必修領域の講習は6時間、選択必修領域の講習は6時間、選択領域の講習は6時間以上を単位とした講習を受講した者とします。
  2. 従って、必修領域、選択必修領域、選択領域とも講習時間の一部を受講しなかった場合は、修了認定試験の対象者になりませんので注意してください。
  3. 修了認定試験の方法は、「筆記による試験」、「実技による試験」、「口頭による試験」等の方法で行います。レポートの提出による試験は認めていません。
  4. 修了認定試験は講習が終了した後に行うことを原則としますが、講習の途中に小テストを実施する場合があります。その場合は担当講師の指示に従ってください。
  5. テキスト等の持ち込みを認めることがあります。その場合は担当講師の指示に従ってください。
  6. 受講者の本人確認は、受講票の写真等との照合により行います。
  7. 認定試験に出題する問題は、講習内容について基礎的な知識・技能を図ることを基本とします。
  8. 出題の範囲は、講習の内容を反映させたものとします。

追試験

  1. 修了認定試験の結果、合格点に達しなかった者のうち、講師の判断で追試験を実施することがあります。(対象者全員に対して追試験を行う趣旨ではありません。)
  2. 追試験を行う場合は、受講者の意志を確認した上で試験の日程等を通知します。

修了認定

  1. 修了の認定は、本学が定めた成績審査の評価基準(次表参照)により合格した者を、基礎的な知識・技能を有しているものとして認定します。
  2. 評価基準により、受講した講習の試験について100点を満点として採点し、得点60点以上のものについて修了の認定を行うこととします。
  3. 修了認定された場合は、「免許状更新講習(修了)(履修)証明書」により、講習終了後の翌月末にお知らせします。

修了認定基準に基づく評価基準(※【注意】予測)

文部科学省告示第50号(平成20年3月31日付け公布)第2項に定める免許状更新講習に係る修了認定の基準に基づき、実施大学としての評価基準を次のとおり定める。

  1. 修了認定は、実施大学が行う修了認定試験の成績審査に合格した者を、基礎的な知識技能を有しているものとして認定する。
  2. 修了認定試験の成績審査の評価は次により行う。
    1. 必修領域(6時間に対する評価)
      全ての教職についての共通事項について、修了認定試験を実施した結果、受講者の理解が当該講習の到達目標に達したと認める場合は、成績審査に合格した者とする。
      その際の評価は60点以上の採点を以て行うものとする。
    2. 選択必修領域(6時間に対する評価)
      受講者が所有する免許状の種類、勤務する学校の種類又は教育職員としての経験に応じ、選択して受講する事項について、修了認定試験を実施した結果、受講者の理解が当該講習の到達目標に達したと認める場合は、成績審査に合格した者とする。
      その際の評価は60点以上の採点を以て行うものとする。
    3. 選択領域(6時間以上を単位とする講習に対する評価)
      教科指導、生徒指導その他教育の充実に関する事項について、修了認定試験を実施した結果、受講者の理解が当該講習の到達目標に達したと認める場合は、成績審査に合格した者とする。
      その際の評価は60点以上の採点を以て行うものとする。

ページの先頭へ

遅刻・欠席等

「遅刻」の取扱い

  1. 交通事情等でやむを得ず遅刻をした場合は、講習の開始後30分を限度として遅刻を認めることとします。その場合は、交通機関の遅延証明書等を持参の上所定の手続きが必要です。
  2. 免許状更新講習時間は、法律で「30時間以上」と規定されており、受講時間が30時間未満の場合は法律の趣旨を損なうことになりますので、修了認定を受けることはできません。
  3. 遅刻した時間が30分を超えた場合は、欠席として取り扱うこととします。

「欠席」の取扱い

  1. 更新講習の時間数が法で定められていることから、欠席の場合は定められた受講時間 を確保出来ないため修了認定を受けることはできません。
  2. 欠席は、その理由の如何を問いませんので、勤務先及び家族等の理解を得られるように予め周知をお願いします。
  3. 欠席により当該講習を受講しなかった場合でも、受講料は返還しません。

「補講」の取扱い

遅刻を認められた受講者に対して、30分の範囲

気象状況等による講習の休講等について

講習受講日に暴風警報又は特別警報(大雨、暴風、大雪など全ての特別警報(以下「特別警報」という。)の発令、又は暴風警報若しくは特別警報が解除された場合は、以下の「講習実施状況」をクリックして講習の実施について必ず確認をしてください。(教員免許状更新講習受付サービスシステムのトップページに掲載)

尚、休講の場合の振替予定日は以下の通りです。
平成29年9月10日(日)
平成29年9月17日(日)-8月8日(火)と8月22日(火)の【必修】教育の最新事情

上記日程以外は振替の予定はありません。


講習実施状況(こちらをクリックしてください)新しいウインドウが開きます

各種取扱い

受講上特別な配慮を必要とする受講希望者との事前相談

障害等により受講上特別な配慮を希望する方は、受講申込み期間の前に「教員免許状更新講習に係る受講支援事前相談書」を「お問い合わせ先」に提出してください。できる限りの支援をさせていただきますが、支援の内容や会場の設備等の関係で、ご希望に添えない場合もありますので、ご了承ください。

個人情報の取扱い

大学が保有する個人情報は、「独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」等の法令を遵守するとともに、大学が定める個人情報管理規則等に基づき、保護に万全を期しています。受講申込にあたり、お知らせいただいた氏名、住所、その他の個人情報については、講習の実施及びこれに付随する業務を行うためのみに利用します。

受講者への連絡事項

  1. 講習のスケジュール及び参考書・教材等の「持ち物」については、『各講習の詳細情報』に掲載していますので、講習名をクリックして講習情報を必ず確認してください。
    特に「持ち物」の確認は必ず行ってください。
  2. 講習毎の連絡は個別にメールでお知らせします。また、全般的な、お知らせはシステムのTOPページの「お知らせ」及び「受講予定の講習についてのお知らせ」に掲載しますので確認してください。

ページの先頭へ

受講のキャンセル・受講料の返還

受講のキャンセルの手順

  受講申込後に、申込予約した講習の全部又は一部を取り消す場合は以下のどちらかにてキャンセルをおこなってください。

受講申込書を郵送前の場合
受講申込書受領前ですので、各自『教員免許状更新受付サービス』にて申込取消の手続きを必ずおこなってください。
手順については、「ご利用の手引き」をご参照ください。
受講料金支払は不要です。
受講申込書を郵送後(受講申込書受理後)の場合
受講申込書郵送後は、原則、講習の変更・取消はおこなえません。やむを得ない事情で変更・取消をおこなう場合は、以下の手順を実施してください。
予約した講習の全部又は一部を取消す場合は、「教員免許状更新講習受講辞退届」を送付先まで提出してください。 予約した講習を変更する場合も、取消の手続を行った後に、新たにWeb申込予約が必要になります。
受講キャンセルの留意事項
  1. 受講申込み書郵送前のキャンセル日は、システムにて取消を実施した日とします。
  2. 受講申込み書郵送後のキャンセル日は、本学が「教員免許状更新講習受講辞退届」を受理した日とします。
  3. 講習を辞退する場合は、速やかに教員免許状更新講習受講辞退届を提出してください。 定員の関係で、他の方が講習の申込ができなくなることを防止するための配慮です。ご協力をお願いします。

ページの先頭へ

受講料の返還

受講料の返還は、次の場合を除き、いかなる場合があっても受講料は返還しません。
以下の事由に該当する場合は、返還する場合がございます。

受講料の返還ができるもの
  1. 講習受講料を二重に払込した場合
  2. 本学の理由により講習を開講しない場合
  3. 天災等により講習を中止した場合
  4. 天災等により講習を延期した場合で、延期した日程が受講不可能な場合
    ただし、他の講習の受講を希望し、希望した講習に受講できる場合は講習料の返還はしません。

 上記1~4に該当する場合は、全額返還します。事由を確認した時点及び開設ができなくなった時点から速やかに返還の方法について、メールで連絡すると共に、教員免許状更新講習受付サービスシステムの「お知らせ」に掲載します。領収書は大切に保管しておいてください。

ページの先頭へ

受講者ID取得及び講習の申込はこちらから

講習の申込は、全て教員免許状更新講習受付サービスシステムからとなります。
初めて講習を申し込む方は、事前に受講者IDを取得した後に講習の申込ができるようになります。

以下から受講者ID及び講習の申込ができます

お問い合わせ先

横浜国立大学 教員免許状更新講習事務室
〒240-8501
横浜市保土ケ谷区常盤台79-8
TEL:045-339-3168、3159
FAX:045-339-3169
E-mai:kyomen.koushinynu.ac.jp

お問い合わせ受付時間
平日(月~金)9:00~17:00(土・日曜日・祝日を除く)

(担当:教員免許状更新講習事務室)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ