受託研究

受託研究とは、民間企業等から委託を受けて、本学の研究者が研究を実施し、その成果を委託者に報告する制度です。
民間企業等からの研究者の派遣は必要ありません。

  • 原則として、直接経費の30%相当額が間接経費として必要になります。

詳しくは、横浜国立大学受託研究取扱規則PDFファイルが開きます をご覧ください。

受託研究開始までの手順

  1. 民間機関等の長から本学へ「受託研究申込書」の申請
  2. 申請いただいた内容を本学にて審議し、受け入れを決定
  3. 双方で契約に関する協議
    ※「受託研究契約書ひな形」を下記に用意しておりますが、個別の状況に応じ、具体的な記載内容を定めていきます。
  4. 研究経費の納付
    ※恐縮ですが、一括前払いとなります。
  5. 受託研究開始
  6. 本学より受託研究成果報告

様式等のダウンロード

研究成果の取り扱い

原則として、発明は本学に帰属することになります。
実施などの取扱いについては、民間機関等のご要望に柔軟に対応できるよう、個別のケースに応じて決定しています。

問合せ先

研究推進部 産学連携課 産学連携係
FAX : 045-339-4387

(担当:研究推進部産学連携課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ