横浜国立大学 都市科学部

都市の未来を切り拓く新学部 2017年4月 誕生!

横浜発、日本へ!世界へ!

都市科学部は「都市の未来へ挑戦する人間」を育てます

都市科学部とは?

本学では21世紀に即応した学部を検討するに際し、踏まえるべき社会的背景を3つ(グローバル化、イノベーション、大都市)に整理しました。そのうえで、本学の実績を踏まえ、「リスク共生学」と「都市をフィールドとした教育研究」という本学の強みを活かし、都市を担う人間と支える文化、社会を対象とし、都市社会の構想と設計のために人文社会科学領域を再構成し、都市をかたちづくる建築物および都市基盤施設の計画や設計および運用、維持にかかる課題とともに、これらをとりまくすべての広い意味での自然環境、社会環境を対象に、それらにまつわるリスクとの共生にかかる課題を、科学的に分析して学ぶ学部を新設します。
このような未来の都市を担う人材を育成するため、文理にわたる4つの学科(都市社会共生学科、建築学科、都市基盤学科、環境リスク共生学科)を設定し、新しい知を育みます。

※「リスク共生学」・・・リスクと利益のバランスをマネジメントする新しい学問分野。

なぜ、都市を科学するのでしょう?

都市科学とは、これからの都市はどうあるべきか、という重要なテーマに、科学的に取り組む学問です。
多くの人々が住み、働き、多様な活動が育まれ、さまざまな現象が起こる都市。国連によれば2050年には世界人口の66%が都市に集中すると予測されるなか、これからの都市のあり方を考えることが、人類および地球が直面している多くの問題を解くための重要な鍵になります。
横浜国立大学では都市を科学的に学ぶ学部を設立することで、これからの日本、そして世界でますます必要とされる多彩な分野で活躍できるよう、文理にわたる幅広い視点から都市の未来へ挑戦する人々を育成します。

都市科学部は文理にわたる
新しい4つの学科で構成されています

都市社会共生学科

多様性と異質性が生み出す新しい都市社会の可能性やリスクに応じられる人が必要とされています。このような状況のもと、人文社会科学の学問の伝統である「人間と社会のあり方への相対化や批判的思考」に立脚し、理工学と連携しつつ、都市社会のさまざまな問題解決へのチャレンジをおこないます。またそれらを通じ、都市における創造的な共生を実現し新しい価値観を創出するために、これからの都市社会の構想・設計の力を育むカリキュラムを実践します。

特色ある学び

学びのプロセス

社会構想系科目(コモンズ・ベーシック科目)、社会設計系科目(コモンズ・アドバンス科目)、ローカル/グローバル科目に関わって、「社会と共生の学び(社会学領域)」を設定し、「社会」及び「共生」の概念を学びます。そして、社会の構想(コモンズ・ベーシック科目)と設計(コモンズ・アドバンス科目)、実践(スタジオ科目・演習科目)、評価(卒業研究)という段階を踏みながら、都市社会や文化への理解を体系的に促進し、地域性と国際性をバランスよく身につけた構想力と解決力を養います。その集大成として4年次に卒業研究に取り組みます。あわせて新学部の特色を活かし、1年次から4年次まで多様な科目を学ぶ機会を設けています。

学びの領域

都市社会学/都市哲学/現代都市論/国際開発学/文化人類学/ジェンダー研究/都市文化マネジメント/横浜都市文化論/都市文芸文化論/映像社会論/音響文化論/空間芸術論/現代芸術論/現代ポピュラー文化論/現代メディア論/公共政策論/国際協力論/国際社会学/国際政治学/開発人類学/都市日本文化史/東アジア近現代史/東アジア都市社会論/多民族都市文化共生論/地域研究(特にヨーロッパ・中南米・北米・アフリカ・東アジア)/など

科目例

科目 1年次 2年次 3年次 4年次
全学教育科目 基礎科目:人文社会系・自然科学系/外国語科目:英語・初修外国語/健康スポーツ科目
高度全学教育科目 パラグアイ事情/知的財産法
基礎演習科目 人文社会科学基礎演習
学部共通科目
(基幹知科目)
都市科学A(グローバル・ローカル)・B(リスク共生)・C(イノベーション)/都市社会基礎論/地域連携と都市再生A・B 社会調査法A・B/ジェンダーと共生(開発)・(文化)/社会リスク学A・B 建築と都市のメディア・デザインⅠ・Ⅱ/高齢社会とリスクA 社会デザイン・フューチャーセッション
専門基礎科目 社会分析基礎論/文化創成基礎論/社会文化批評基礎論/海外研究基礎論
コモンズ・ベーシック 都市哲学講義/都市社会学講義◆ 文化人類学講義/国際開発学講義◆ 都市日本文化史講義 都市文化マネジメント講義
コモンズ・アドバンス 国際政治学講義/現代メディア論講義/都市文芸文化論講義 開発人類学講義/現代ポピュラー文化論講義/映像社会論講義◆ 東アジア近現代史講義/国際協力論講義/都市政策論講義◆
スタジオ科目 社会分析スタジオA・A/社会文化批評スタジオB・B 社会分析スタジオA・A/社会文化批評スタジオB・B
ローカル/グローバル科目、
インターンシップ科目、
関連科目
ヨーロッパ都市文化史演習Ⅰ・Ⅱ/インターンシップA/エスニシティと共生◆ 音響文化論演習Ⅰ・Ⅱ/インターンシップB/紛争と共生◆/国際社会学演習Ⅰ・Ⅱ 横浜都市文化史演習Ⅰ・Ⅱ/都市計画とまちづくりⅠ・Ⅱ
卒業研究科目 課題研究A・B/卒業研究A・B
◆印:社会と共生の学び(社会学領域)科目

想定する進路

商社/観光/出版/娯楽/金融/不動産/各種メーカー/情報通信/メディア関連企業/文化芸術・まちづくり関連の事務所・NPO・法人組織/国際都市開発・国際協力系NGO・コンサルタント/公務員/国内外の大学院進学(横浜国立大学大学院都市イノベーション学府など)/など

建築学科

建築学科は、前身となる横浜高等工業学校建築学科が創立された1925年以来、演習を重視した建築家・実務家教育により、世界的な評価を受ける人材を輩出してきました。その伝統を受け継ぎ、建築学の最先端の専門知識に加えて、社会を俯瞰する視点を身につけ、人文社会科学の視点から工学まで文理にまたがる幅広い知を育み、建築と都市を総合的に理解する能力を育成するための主体的・創造的な学びの場を提供します。国内最高水準の質を誇る設計教育体制をはじめ、構造性能や建築環境を体感できる実験施設も充実しています。

特色ある学び

学びのプロセス

専門分野は「建築への導入」期(1年次)、「建築への素養」期(2年次から3年次前半)、「建築の探求」期(3年次後半から4年次前半)の3つのステップにより学習を深化し、その集大成として4年次に卒業研究(卒業論文または卒業設計)に取り組みます。あわせて都市科学部の文理融合の特色を活かして、1年次の全学教育科目をはじめ、4年次まで多様な科目(学部共通科目(基幹知科目))を学ぶ機会を設けています。

学びの領域

建築学の多彩な研究領域を、4つの分野構成で捉えています。すなわち、建築理論分野(建築史建築芸術/建築計画)・都市環境分野(都市計画/建築環境工学/都市環境管理計画)・構造工学分野(建築材料構法/ストック活用/木質構造/大空間構造/鋼構造/鉄筋コンクリート構造)・建築デザイン分野(建築設計/意匠)の4分野が、課題や研究対象に応じて柔軟に連携して教育・研究・実践を展開しています。

科目例

科目 1年次 2年次 3年次 4年次
全学教育科目 基礎科目:人文社会系・自然科学系/外国語科目:英語・初修外国語/健康スポーツ科目
高度全学教育科目 ベトナム事情 ライフキャリアを考える
基礎演習科目 建築学概論・演習
学部共通科目
(基幹知科目)
都市科学A(グローバル・ローカル)・B(リスク共生)・C(イノベーション)/社会デザイン・フューチャーセッション ジェンダーと共生(開発)・(文化)/居住空間の計画Ⅰ・Ⅱ グローバルビジネスとイノベーションA 建築と都市のメディア・デザインⅠ・Ⅱ
専門基礎科目 図学Ⅰ・Ⅱ/解析学Ⅰ・Ⅱ/線形代数学Ⅰ・Ⅱ
専門コア科目
(建築理論系)
西洋建築史Ⅰ・Ⅱ/日本建築史Ⅰ・Ⅱ/建築史演習/人間生活と建築計画Ⅰ・Ⅱ 近代建築史A・B/公共施設の計画A・B/建築理論演習
専門コア科目
(構造工学系)
建築構造解析・演習 建築構造計画と構造デザインⅠ・Ⅱ/建築構造解析・演習/建築構法/建築材料 建築構造・構法設計演習 建築ゼミA・B
専門コア科目
(都市環境系)
建築環境計画Ⅰ・Ⅱ/都市と都市計画Ⅰ・Ⅱ 建築・都市環境工学演習/地域環境計画演習
専門コア科目
(建築デザイン系)
絵画・彫塑・基礎デザインⅠ・Ⅱ/身体と空間のデザイン デザインスタジオⅠ・Ⅱ/建築コンピュータデザインA デザインスタジオA・B/建築デザインスタジオA・B/建築コンピュータデザインB 建築デザインスタジオA・B/建築デザイン論
その他専門科目 建築プレゼンテーション/空間芸術論講義/建築生産Ⅰ・Ⅱ/建築法規/建築インターンシップ 卒業研究A・B

想定する進路

大学院(横浜国立大学大学院都市イノベーション学府など)/建築設計事務所(個人事務所・組織事務所)/建設会社(建築設計部門他)/都市建築コンサルタント/住宅メーカー/家具メーカー/公務員/など

都市基盤学科

都市基盤学科では土木工学を軸として、人々の暮らしに欠かせない都市の基盤施設(インフラストラクチャー)に関わる技術やデザイン、政策決定、マネジメントなどを学びます。そして地域から地球規模に至る様々なスケールにおいて都市が将来に直面する自然災害や環境問題などを捉え、都市科学部の文理にわたる視点を踏まえて都市基盤の総合的視野から解決策を提示することができるエンジニアやプランナーを育成します。

特色ある学び

学びのプロセス

エンジニア・プランナーの素養としての力学や数学、情報リテラシーといった基礎領域の知識とともに、土木工学を軸とする専門知識・技術を習得し、演習やインターンシップ、卒業研究を通じて実践的な応用力を身につけます。

学びの領域

構造工学、水環境・海岸工学、地盤工学、土木計画学、コンクリート工学などの分野を中心に、多彩な領域があります。
橋梁工学/構造工学/振動力学/耐風工学/鋼構造/構造ヘルスモニタリング/海岸工学/水工学/沿岸環境工学/水環境工学/環境水理学/地盤工学/地震工学/地盤材料/地盤改良/基礎・土構造/応用力学/防災工学/都市交通計画/都市計画・まちづくり/交通工学/交通マネジメント/高度交通システム/コンクリート工学/構造解析/複合材料/維持管理工学

科目例

科目 1年次 2年次 3年次 4年次
全学教育科目 基礎科目:人文社会系・自然科学系/外国語科目:英語・初修外国語/健康スポーツ科目
高度全学教育科目 危機管理学/環境リスクとつきあうⅠ・Ⅱ
基礎演習科目 都市基盤応用数学Ⅰ・Ⅱ
リテラシー科目 シミュレーションのための情報リテラシーⅠ・Ⅱ
学部共通科目
(基幹知科目)
都市科学A(グローバル・ローカル)・B(リスク共生)・C(イノベーション)/都市基盤構造力学/都市基盤計画論/都市生態学/地域連携と都市再生A・B 都市基盤材料複合力学/都市基盤水理学/都市基盤土質力学/都市環境リスク共生論A/社会リスク学A/GISによる地域解析概論 グローバルビジネスとイノベーションA
専門基礎科目 解析学Ⅰ・Ⅱ/図学Ⅰ・Ⅱ/線形代数学Ⅰ・Ⅱ/物理学A・B/微分方程式 微分方程式/確率・統計/関数論/土木史と文明Ⅰ・Ⅱ 応用数学/計測/地域経済政策
専門コア科目 構造力学 建設材料とリサイクルⅠ・Ⅱ/構造力学Ⅲ・Ⅳ/構造力学演習/鉄筋コンクリート構造/地震防災都市論Ⅰ・Ⅱ/土質力学Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/水理学Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/測量学/測量学実習Ⅰ・Ⅱ/都市基盤解析論/都市計画と交通/都市景観設計Ⅰ・Ⅱ/都市水害防災Ⅰ・Ⅱ/気象災害リスクⅠ・Ⅱ 海外インターンシップ/学外インターンシップ/河川工学/環境アセスメント/環境水理学Ⅰ・Ⅱ/海岸防災工学Ⅰ・Ⅱ/建設の国際プロジェクト・マネジメントⅠ・Ⅱ/合意形成論/公共交通工学/交通工学理論/国際基盤工学実習/コンクリート工学演習/地盤リスク工学Ⅰ・Ⅱ/構造動力学Ⅰ・Ⅱ/水理学演習/都市環境実験・演習A・B/都市基盤計画演習/都市下水工学/都市交通計画/都市上水工学/土質力学演習/都市と地盤環境Ⅰ・Ⅱ/途上国における都市づくりⅠ・Ⅱ/メインテナンス工学Ⅰ・Ⅱ 構造リスク設計論Ⅰ・Ⅱ/国際連携科目(海外拠点)/都市環境設計製図Ⅰ・Ⅱ/卒業研究A・B
専門関連科目 都市基盤英語A・B/公共施設の計画A・B/環境・エネルギーシステム論Ⅰ・Ⅱ 都市計画とまちづくりⅠ・Ⅱ/国際開発学講義

想定する進路

大学院(主として横浜国立大学大学院都市イノベーション学府)/建設会社/公務員(技術職)/鉄道会社/高速道路会社/電力・ガス関連会社/建設コンサルタント/環境コンサルタント/国際開発支援機関/プラント/鉄鋼・重工関連会社/など

環境リスク共生学科

自然環境および社会環境のリスクに関わる基本原理を理解し、文理融合の総合的な知識により、豊かさと表裏一体で生じる多様なリスクのバランスをマネジメントするリスク共生社会実現の知を育みます。異分野との横断的な連携、社会と対話できる素養を持ちながら、自然環境、社会環境を対象にリスクとの共生を実践し、都市の持続的発展に貢献できる実践力を有する人材を育成します。

特色ある学び

学びのプロセス

自然環境・社会環境に跨がる人間と自然の環境システムに関する俯瞰的な理解のもとで、複合化する現代のリスクのメカニズムと分析手法、マネジメントを学び、リスクと上手に付き合う「リスク共生」のアプローチを身につけます。

学びの領域

自然環境系:生態リスク学/多様性生態学/生態系評価学/森林生態学/土壌生態学/植物生態学/植物分子生理学/古生態学/古環境学/地質学と地球システム科学/構造地質学・岩石物性/生物海洋学/海洋システム学/環境法学・自然保護システム論
社会環境系:リスク共生社会創造/環境安全化学/情報の安全管理とリスク/都市環境・エネルギーシステム/都市・地域経済/社会老年学/数理社会学/グローバル・ローカル経営学/科学史/哲学・倫理学

科目例

科目 1年次 2年次 3年次 4年次
全学教育科目 基礎科目:人文社会系・自然科学系/外国語科目:英語・初修外国語/健康スポーツ科目
高度全学教育科目 アカデミック・プレゼンテーションスキル/キャリアデザイン
基礎演習科目 環境共生フィールド演習/環境リスク情報処理/環境を扱う実務とキャリアプランニング
学部共通科目
(基幹知科目)
都市科学A(グローバル・ローカル)・B(リスク共生)・C(イノベーション)/生態リスク学入門 地域連携と都市再生A・B/社会リスク学A・B/都市環境リスク共生論A/社会調査法A・B/GISによる地域解析概論/メタデータ分析とリスク予測
専門基礎科目 自然環境リスク共生概論A(地球と環境)/自然環境リスク共生概論B(生物と環境)/社会環境リスク共生概論A(都市環境)/リスク共生社会基礎論/線形代数学Ⅰ・Ⅱ/確率・統計/図学Ⅰ・Ⅱ/地球科学実験/化学実験/物理実験/ミクロ経済学入門/マクロ経済学入門 環境リスク共生ワークショップ
専門科目 環境リスクコア 合意形成とリスクⅠ・Ⅱ/リスクマネジメントⅠ・Ⅱ/生物群集とリスク/都市リスクの空間分析とマネジメントB/リスク分析のための情報処理B/生態系と物質循環/生命論の哲学Ⅰ・Ⅱ/地球システム論/環境法/個体群生態学・進化生態学概論/海洋システム論
自然系コア 里地と山地の生態学Ⅰ・Ⅱ/地球物質循環論/生態学遠隔地フィールドワーク/海洋学フィールドワーク/保全生態学/復元生態学Ⅰ・Ⅱ/古環境学Ⅰ・Ⅱ/古生物学Ⅰ・Ⅱ/植物生理学Ⅰ・Ⅱ/地質学遠隔地フィールドワーク/地球ダイナミクス
社会系コア 環境・エネルギーシステム論Ⅰ・Ⅱ/環境汚染と環境リスク解析Ⅰ・Ⅱ/都市・地域経済学Ⅰ・Ⅱ/高齢社会とリスクB/環境政策/イノベーション思想史Ⅰ・Ⅱ/グローバルビジネスとイノベーションB
専門関連科目 地域環境マネジメント論/都市計画と交通/気象災害リスクⅠ・Ⅱ/資源循環・廃棄物学Ⅰ・Ⅱ/計量経済学
その他 環境リスク共生演習A〜D 環境リスク共生演習E〜F/環境リスク共生ゼミ 環境リスク共生ゼミⅡ・Ⅲ/卒業研究A・B

想定する進路

大学院(横浜国立大学大学院環境情報学府など)への進学/環境評価・管理に関するコンサルタントやシンクタンク/環境や経済政策・農業に関わる公務員/中学校・高等学校教員(理科)/損害保険関係/エネルギー関係企業/情報通信/薬品・食品分野/出版・マスコミ/NGO/など

多様な取得資格・教員免許

都市社会共生学科

  • 社会調査士

建築学科

  • 一級建築士
  • 二級建築士

一級建築士は所定の実務経験が必要

都市基盤学科

  • 測量士補
  • 技術士補

JABEE認定課程による

環境リスク共生学科

  • 中学校教諭一種免許状 理科
  • 高等学校教諭一種免許状 理科

申請中:文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

特徴ある教育システム

グローバル・ローカル:
都市のローカルスケールのエリアに、様々なグローバル共通の課題があるので、都市を学ぶことによってグローバルとローカルにまたがる広い視点や知識を身につけることができる。
リスク共生:
豊かさの追求と表裏一体で生じるリスクを受け止め、その両者のバランスを適切にマネジメントしていくこと。
イノベーション:
新しい価値の創造をもたらす革新のこと。横浜国立大学では、科学技術そのもののイノベーション(層1)、制度や社会システムのイノベーション(層2)、価値観やパラダイムのイノベーション(層3)の3層でとらえている。

受験生へのメッセージ

都市科学部は、これからの都市づくり、都市社会構築を担うために理工系と人文社会系の知識を学ぶことで文理両面の視点を備え、グローバル・ローカルにわたる多次元的な世界を理解できる広い視野をもち、横断的な課題解決能力・総合力を身につけた、人材の育成を目指します。

都市科学部では都市の未来へ挑戦したい意欲的な学生を求めます。

入試情報

都市科学部では、受験生のニーズに合わせて多様な入試を用意しています。入試に関する情報は本学の入試関連ホームページ(http://www.ynu.ac.jp/exam/)でご確認ください。
また、各種学生募集要項は、本学で発行している印刷された冊子が正式なものとなりますので、必ず取り寄せた資料で内容をご確認ください。

入学定員

※上記人数には留学生の定員を含みます。

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせ先

横浜国立大学 都市科学部設置準備事務室
〒240-8501 神奈川県横浜市保土ケ谷区常盤台79-6
TEL: 045-339-3124
cus.jimuynu.ac.jp
このページのトップへ