• お問い合わせ
  • アクセス
  • 検索
  • Language
  1. YNU
  2. Headlines
  3. 新型コロナウイルスに係る研究活動の取り組み

新型コロナウイルスに係る研究活動の取り組み

新型コロナウィルス感染症が世界的に流行する中で、先行きの見えない不安定な状況が続いています。引き続き新型コロナウィルスにかかわる治療薬・ワクチン等の開発など防疫や医学的な対応が最優先に求められることは間違いありませんが、それに加えて、社会・経済・文化のあり方や流行収束後の再構築プロセスまでを見据えた学術を発展させることが重要です。

横浜国立大学では、「実践的学術」を希求する研究大学として、大学の知を今こそ社会に還元していけるよう、以下の取り組みを行っております。是非、ご活用いただければ幸いです。

YNU特許の無償開放事業(地域企業等向けCOVID-19対策支援)


本学では、YNU地域戦略として「地域産業の振興及び地域社会の発展」に取り組むべく、横浜国立大学が保有する特許を一定期間にわたり無償開放し、地域産業を支援するとともに、その特許に関連して地域企業・個人事業者からの学術指導、共同研究や受託研究を拡大実施し、地域産業の振興及び地域社会の発展に貢献していきます。


横浜国立大学が取り組む新型コロナウイルスに係る研究事例


本学は「実践的学術」を希求する研究大学として、人文学・社会科学・理工学の観点からこれまでに蓄積してきた研究資源を活用し、新型コロナウィルス感染症をめぐる現在進行形の諸問題、そして将来の社会課題への対応を志向した研究活動を開始しています。


ページの先頭へ