• お問い合わせ
  • アクセス
  • 検索
  • Language
  1. YNU
  2. Headlines
  3. NEDO委託事業の研究成果バイラテラル・ドライブ・ギヤの第2回目サンプル無償貸出を開始

NEDO委託事業の研究成果バイラテラル・ドライブ・ギヤの第2回目サンプル無償貸出を開始

バイラテラル・ドライブ・ギヤ貸出プログラム要領


(1) プログラム概要
小型・高効率・逆駆動可能を特徴とするバイラテラル・ドライブ・ギヤのサンプル貸出
(2) 目的
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の事業(次世代人工知能・ロボット中核技術開発/革新的ロボット要素技術分野/高効率・高減速ギヤを備えた高出力アクチュエータの研究開発)の一環として製作した試作品を利用し、この委託事業の研究成果であるバイラテラル・ドライブ・ギヤ※1の実用化を推進するための評価および新規用途の開拓を目的として横浜国立大学が提供するプログラムです。
新型コロナウイルスの影響で、来校いただいてサンプルを手に取っていただく機会が無いため、触って感触を得る簡易評価も受け付けます。
(3) 貸出するバイラテラル・ドライブ・ギヤのサンプル仕様書は下記から入手してください。
☑バイラテラル・ドライブ・ギヤ仕様書
(4) 費用
・無償
・送料は送り主負担(元払い)とします。
・評価用の治具・器具・設備およびそれらの加工費等は一切貸出先負担とします。
(5) 日程
・公募期間:6月1日から11月30日
・貸出開始日:7月1日
・貸出期間:3から5カ月(評価内容による)程度、簡易評価は1カ月。
・評価レポート提出期限:貸出期間終了後2週間 
(6) 貸出数
・貸出総数 12台程度(内訳:通常タイプ 9台、ノンバックラッシタイプ 3台)
・一貸出先あたり2台を限度とします。簡易評価の場合は、通常タイプをします。
(7) 参加資格
・日本国内に本社を置く企業および日本国内の大学等研究・教育機関
(8) 申込み方法
・下記誓約事項に同意し、バイラテラル・ドライブ・ギヤ貸出プログラム参加申込書を公募期間内に必要事項を記入して電子データ(PDF)形式でE-mailに添付して送信してください。
(9) 貸出先決定通知、およびその後の手続き
・バイラテラル・ドライブ・ギヤ貸出プログラム参加申込書を受領後、1週間以内に電子メールにて貸出可否等を連絡します。
・本学から、合意した貸出開始日までに発送します。
・借用書を電子メール添付で送付します。記入押印後PDFにして送信してください。
・評価レポートを提出期限までに電子メールで提出してください。簡易評価の場合は、感想を電子メールで送付してください。
・貸出期間終了後速やかに(1週間以内)返却してください。
(10) 評価レポート
・評価レポートは、A4サイズで、所属機関、責任者、担当者と評価(書式自由)、提出日を記載してください。
・提出方法はE-mailに電子データ(PDF)を添付してください。
・評価に関して本学からお問合せすることがあります。ご了承ください。
(11) 評価レポート・貸出プログラム参加申込書の取扱い
・(1)項記載の目的のために利用します。
・本学からNEDOへの報告に評価レポートの内容を使用することがあります。
・評価レポート・貸出プログラム参加申込書の中に、秘密情報は含まないようにしてください。秘密情報を記載する場合は、提出前に必ず連絡してください。
・評価レポート、貸出プログラム参加申込書を提出元の許可なく第三者に開示することはありません。
(12) 問合わせ先・貸出プログラム参加申込書提出先
国立大学法人 横浜国立大学 研究推進機構 研究・学術情報部 産学・地域連携課
(E-mail): sangaku.sangaku@ynu.ac.jp (電話) 045-339-4447
住所:〒240-8501 横浜市保土ケ谷区常盤台79-5 共同研究推進センター内
(13) 提出書類
☑バイラテラル・ドライブ・ギヤ貸出プログラム参加申込書
(14) 誓約事項
1、 バイラテラル・ドライブ・ギヤ貸出プログラム要領記載の目的を理解し、返却期日(貸出期間終了後1週間)、評価レポート提出期限を順守します。
2、 貸出されたバイラテラル・ドライブ・ギヤを仕様書の範囲で使用し、善良な管理者の注意をもって使用します。
3、 貸出されたバイラテラル・ドライブ・ギヤを、分解や改造はしません。
4、 貸出されたバイラテラル・ドライブ・ギヤに不具合が生じた場合、返却期日・評価レポート提出期日の遅延は速やか(事前)に、問い合わせ先に連絡します。
5、 貸出されたバイラテラル・ドライブ・ギヤは、バイラテラル・ドライブ・ギヤ貸出プログラム参加申込書記載の評価テーマ・評価方法以外には使用しません。
6、 評価にあたって、安全等環境には十分配慮します。
7、 評価のための治具・器具・設備等が破損・故障、あるいは評価中の怪我・負傷等は横浜国立大学には一切責任がないことに同意します。

注釈:
※1 バイラテラル・ドライブ・ギヤについて下記Webサイトを参照
   https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101064.html新しいウィンドウが開きます
   https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101212.html新しいウィンドウが開きます

(担当:産学・地域連携課)


ページの先頭へ