• お問い合わせ
  • アクセス
  • 検索
  • Language
  1. YNU

横浜国立大学「緊急学生支援寄附金」のお願い

今後長期化が予想されるコロナ対応に備え、学生支援の枠を更に広げるため、横浜国立大学基金の枠組みを活用した新型コロナウイルスに係る「緊急学生支援寄附金」を募ります。


横浜国立大学 学長 長谷部 勇一

横浜国立大学 学長 長谷部 勇一




現在の寄附受付総額

39,657,000円

現在の寄附受付件数

627件
※2020/7/6確認分まで


    【ご寄附の特典】

  • 税制上の優遇措置

    本学へのご寄附には税制上の優遇措置が適用されます。当事業は、「横浜国立大学基金」の枠組みとなるため、「税額控除」は対象となりません。

  • グッズ等の返礼について

    今回いただいたご寄附は、できる限り緊急学生支援に充てることを考え、寄附者様に対するグッズ等の返礼は本事業に対する寄附においては行いませんことをご了承ください。

  • ご芳名等の掲載

    ご寄附くださったすべての個人・企業の方(匿名希望の方は除きます)のお名前、寄附額、メッセージを当該ウェブサイトでご紹介させていただきます。ご希望により掲載しないこともできます。

 本学では、「新型コロナウイルス」感染拡大に伴い、卒業式、入学式の中止、授業開始日を5月7日にすることなどを決めて参りました。その後、4月7日に政府から「緊急事態宣言」が発せられ、本学の春学期中(9月末日まで)の授業は全面的にインターネット等を活用した遠隔授業を実施することや、学生の入構規制(7月1日まで)などを決めました。また5月4日には、政府より「緊急事態宣言」の延長が発せられ、学生たちは大学への立ち入りができず、教室での授業も受けられない状態が続いております。

 その一方で、新入生始め学生及びその保護者の経済状況の急速な悪化が懸念されます。学生の多くは学費・生活費を支えるためのアルバイトをしておりますが、そのアルバイト先も多く失われているのが現状で、不安な日々を過ごしております。本学では、こうした事態を踏まえて、春学期分授業料引落日の延期などの措置を実施するとともに、横浜国立大学基金及び本学の運営費等を主な財源として、学生の学修・生活等に関する支援、遠隔授業の円滑な実施等に関する支援をパッケージとした「横浜国立大学緊急学修支援事業」YNU Emergency Study SUpport Package(YNU E-SSUP イーサップ)(総額2億円規模)の第一弾を4月30日から実施いたしました。遠隔講義受講のための学習環境を整えるための返済を要しない緊急支援奨学金やPCの貸与などを柱としています。大学自体も財政的にはいっそう厳しい状況になっていくことが想定されますが、今後も更なる運営費等の見直しを行い、学生支援に当たる所存でございます。

 以上を踏まえ、今後長期化が予想されるコロナ対応に備え、学生支援の枠を更に広げるため、横浜国立大学基金の枠組みを活用した新型コロナウイルスに係る「緊急学生支援寄附金」を募ることにいたしました。既に学内教職員を対象に募集を始めましたが、可能な限り数多くの学生に支援が行き渡るようにするため、本学卒業生や元教職員をはじめ、本学学生を応援いただく皆様にもご協力いただけましたら幸いに存じます。皆様におかれましても厳しい状況にある中でのお願いとなり誠に恐縮ではございますが、何卒、新型コロナウイルスに係る「緊急学生支援寄附金」の趣旨にご賛同いただけるよう切にお願い申し上げます。

【ご寄附に対するお礼とご報告 5月27日】

 この度は緊急募金に対し、皆様におかれましても非常に厳しい状況の中、とても多くの温かいご支援を賜り誠にありがとうございます。
 現時点で276件、1千万円を超えるご寄附をいただいております。5月12日にこのウェブサイトを公開し、わずか2週間程でこれだけのご支援を賜りましたこと、心より厚く御礼申し上げます。合わせて、沢山の熱い応援メッセージをお寄せいただき、学生も大変心強く感じていると思います。我々教職員も皆様の熱い思いを活かすべく緊急支援を有効かつ迅速に実施していく所存です。
 本学では、このウェブサイトでも随時ご報告しておりますとおり、E-SSUP事業を実施、様々な形で学生への支援を進めております。報道にありますとおり、文部科学省では、「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』について支給の準備を進めておりますが、今回の新型コロナウイルスにおける学生への被害は甚大であり、政府からの支援だけではまだまだ不十分な状況です。そこで、本学では政府からの支援だけでは行き届かない困窮した学生に対して、皆様からご寄附いただいている緊急学生支援寄附金として一人10万円の緊急生活支援奨学金を200人以上に支給することを準備しております。
 5月25日、神奈川県も緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ平常に戻るには程遠く、多くの学生が支援を必要としている状況は続くことが予想され、少なくとも2千万円以上必要です。本学でも様々な形で予算を工面しておりますが、まだまだ足りない状況です。
 本学に入学してくれた学生や、今回寄附をくださった皆様のご期待に十分お応えできるよう、引き続き全力でこの難局に立ち向かってまいりますので、引き続きのご支援とご協力をよろしくお願いいたします。

「横浜国立大学緊急学修支援事業」YNU Emergency Study SUpport Package(YNU E-SSUP イーサップ)の実施状況を報告いたします。

  • 2020年4月30日
    「横浜国立大学緊急学修支援事業」YNU Emergency Study SUpport Package(YNU E-SSUP イーサップ)を開始
  • 2020年4月30日
    YNU E-SSUPに係る、新型コロナウイルス感染拡大に伴う学習環境整備支援奨学金及び、ノートパソコンの貸与の申請受付を開始
  • 2020年5月12日
    「緊急学生支援寄附金」ウェブサイトを公開、寄附募集を開始
  • 2020年5月19日
    ノートパソコンの貸与について、第1回募集分5月11日貸与者決定、発送開始。第2回募集分5月19日貸与者決定、発送開始。計29名に貸与。
  • 2020年5月22日
    新型コロナウイルス感染拡大に伴う学習環境整備支援奨学金支給者600名を決定、6月3日から振込予定

寄附者の皆様からいただいた応援メッセージを紹介いたします。



個人の寄附者様からのメッセージ



法人・団体の寄附者様からのメッセージ

横浜国立大学校友会
2020年6月25日
9,624,000円

校友会は各同窓会と共に、経済的な困難に遭遇している学生向けに、従来の活動に予定していた資金や新たな寄附金を含め、全学で計画されている学生の経済的支援を大学に協力して実行しています。

理工系学部同窓会「名教自然会」
2020年6月23日
1,300,000円

理工系各同窓会は皆様を希望の灯で照らします、今回の未曽有の体験を糧に活躍を期待します。

名教就美会
2020年6月11日
1,000,000円

機械・材料系同窓会の名教就美会は皆様を希望の灯で照らします。今回の未曽有の体験を糧に活躍を期待します。

横浜電子情報工学会
2020年6月8日
1,000,000円

コロナ禍で厳しい生活が続いていると思いますが、頑張って下さい。
ピンチはチャンスです。より良い世の中(ニューノーマル)を創る、千載一遇のチャンスです。
ネバーギブアップでコロナ禍を乗り越えましょう。
一般財団法人 富丘会
2020年6月6日
5,000,000円

富丘会は横浜国立大学と学生の皆様を応援しています。困難を一緒に乗り越えていきましょう !
税理士法人 前原パートナーズ
2020年6月2日
50,000円

昭和53年教育学部の卒業生ですが、公認会計士をしています。
学業の継続が困難な学生もいると思いますが、何とか卒業まで頑張ってください。
横浜国立大学ワンダーフォーゲル部OB会
2020年5月29日
1,304,000円

母校の学生の皆さん、コロナ禍で学業、サークル活動が制約され、苦学する方もおられると存じます。緊急支援寄附に呼応して、ワンダーフォーゲル部OB会として心ばかりの 寄付をさせて頂きます。困難な学生生活が続くと思います。決して諦めず、横国DNAと未来を築く強い心をもって頑張ってください。応援しています。

募集期間と使途

【募集期間】
2020年5月12日~当面の間

【使途】
集まった寄附金は、「横浜国立大学緊急学修支援事業」YNU Emergency Study SUpport Package(YNU E-SSUP イーサップ)における「緊急生活支援奨学金」として活用し、最終的に残額が発生した場合は、YNU E-SSUPの他の事業への拡充や大学基金事業の中で、横浜国立大学基金運営委員会のもと学長が決定し活用いたします。

    【ご寄附の特典】

  • グッズ等の返礼について

    今回いただいたご寄附は、できる限り緊急学生支援に充てることを考え、寄附者様に対するグッズ等の返礼は本事業に対する寄附においては行いませんことをご了承ください。

  • ご芳名等の掲載

    ご寄附くださったすべての個人・企業の方(匿名希望の方は除きます)のお名前、寄附額、メッセージを当該ウェブサイトでご紹介させていただきます。ご希望により掲載しないこともできます。

  • 税制上の優遇措置

    本学へのご寄附には税制上の優遇措置が適用されます。

横浜国立大学卒業生・基金室
〒240-8501 神奈川県横浜市保土ケ谷区常盤台79-1
TEL:045-339-4443 FAX:045-339-3034
E-mail:ynu.kikin(アットマークを記入して下さい)ynu.ac.jp

ページの先頭へ