1. YNU
  2. 大学案内
  3. 取組・各種計画
  4. 男女共同参画への取組み

男女共同参画への取組み

横浜国立大学では、男女共同参画基本方針に、1.教育、研究、就業の場における実質的な男女平等の実現、2.積極的改善措置の採用、3.男女共同参画実現のための教育・研究、日常活動の充実をかかげており、これまでに男女共同参画推進室を中心に講演会、シンポジウムの開催、大学入試センター試験時の一時保育の実施、横浜市認可保育園の学内設置などに取り組んできました。さらに、科学技術振興機構の女性研究者支援事業の採択(平成24-26年度)を受けて平成25年4月1日からは、男女共同参画推進室が教育・研究の機能を備えた男女共同参画推進センターへと発展改組されました。センターでは、基本方針にそって、ライフイベント中の女性研究者などへの研究活動支援のための「研究支援員制度」、様々な理由で研究を中断せざるを得なかった女性研究者の「短期間雇用による本格的研究始動への支援活動(みはるかす研究員制度)」、「妊娠・出産・育児・介護などにかかわる情報発信」、「働きやすい職場環境の整備への要望発信」など男女共同参画実現のための様々な活動を継続的に、積極的に取り組みます。

  以上を踏まえ、本学では、平成27年6月に学長名による「横浜国立大学男女共同参画宣言」を発しました。

横浜国立大学男女共同参画宣言



 横浜国立大学は、「実践性」、「先進性」、「国際性」、「開放性」の4本の基本理念のもと、男女共同参画社会の実現を推進するため、「横浜国立大学における男女共同参画の基本方針」に基づき、教育、研究、就業の場における実質的な男女共同参画の推進を着実に進めていくことを宣言します。
 具体的には以下の取組を行います。
  1. 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の積極的な推進
  2. ライフイベントと研究活動を両立させるための支援を推進
  3. 男女共同参画を踏まえた学生へのキャリア教育の推進
  4. ライフイベントで研究を中断した研究者へのキャリア支援
  5. 他機関との連携を通じた地域社会における男女共同参画の推進

平成27年6月  横浜国立大学長

(担当:男女共同参画推進センター)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ