1. YNU
  2. 大学案内
  3. 取組・各種計画
  4. 女性役員・管理職の登用目標

女性役員・管理職の登用目標

 この度,横浜国立大学では,女性役員・管理職の登用目標を定め,平成28年4月1日時点で女性役員の率を全役員の14.3%,女性管理職の率を全教職員の13.3%とすることを目指すことといたしました。
 これまでも本学では,男女共同参画を推進するための基本方針に基づき女性の登用を進めてきたところですが,引き続き,女性の登用を推進してまいります。

(参考)横浜国立大学 男女共同参画を推進するための基本方針

  1. 教育,研究,就業の場における実質的な男女平等の実現
    横浜国立大学は,教育の場として,研究の場として,職場として,男女の性差による差別的取扱いを廃絶し,すべての構成員を実質的に対等な個人として尊重し,その能力の十分な発揮を可能にする内部環境を整える最大の努力を継続します。
  2. 積極的改善措置の採用
    横浜国立大学は,教育の場,研究の場,職場において,実質的な男女共同参画を実現するために,形式的な男女の平等的取り扱いを超える積極的改善措置が必要と考えられる場合には,実質的な男女共同参画の実現に必要な措置を採用し,着実に実施していきます。
  3. 男女共同参画実現のための教育・研究,日常活動の充実
    横浜国立大学は,大学の内外において,大学独自の或いは他の主体との積極的な連携の下で,男女共同参画実現のための教育活動,研究活動を継続的に,積極的に行い,また法人としての大学の全活動を通じて,地域と,わが国と,世界の男女共同参画の推進に貢献します。

(担当:総務部人事・労務課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ