1. YNU
  2. 大学案内
  3. 広報活動情報
  4. メディア掲載・出演情報
  5. 新聞・雑誌への掲載(2018年 1月)

新聞・雑誌への掲載(2018年 1月)

主として、本学常盤台地区に配達された朝日・読売・毎日・神奈川・日刊工業・産経・東京・日本経済の新聞各紙や、雑誌などに掲載された横浜国立大学関連記事を紹介しています。

新聞・雑誌への掲載(2004~2009年)

掲載年月日 掲載内容 掲載社等
2018.1.18 相模鉄道の東急線、JR線との相互直通運転の準備が進んでいる。17日、東急との直通運転に対応するために製造した新型車両「20000計」と両線との直通運転に伴い建設中の新駅「羽沢横浜国大駅」を公開した 日経
2018.1.18 新春を祝う現代書道二十人展が62回目を迎えた。篆刻家 河野隆さん(本学卒業生)の代表作が展示されている 読売
2018.1.17 本学と川崎市は16日、連携・協力に関する協定を締結した。市内の小中学校教員のスキルアップに向けた取り組みなどについて本学の教育学部や教職大学院が協力するほか、起業家の育成、まちづくりなど様々な分野で連携する 日経、神奈川(1/18)
2018.1.17 横浜市や企業などでつくる(本学含む)産官学連携組織「海洋都市横浜うみ協議会」は海洋関連のビジネス振興を本格化する 日経
2018.1.17 日本とベトナムの友好の象徴として設立された「日越大学」の大学院修士課程の学生が本学で学んでいる。15日に本学で修士論文の中間報告会が行われた 毎日
2018.1.14 <<大学入試センター試験始まる>>
県内最多の5020人が集まる本学では、午前9時15分頃に相鉄線星川駅で人身事故があった影響で、一部試験開始を1時間から20分繰り下げた
神奈川、日経
2018.1.14 かながわ定食紀行でおなじみの今柊二さん 著(H3 教育卒) 「ニッポン定食散歩」 神奈川
2018.1.14 《かながわ定食紀行 280》今柊二さん(H3 教育卒)の連載コラム 学生時代の記憶呼び覚ます 鳥のうま味「順海閣本店」 神奈川
2018.1.14 大学入試センター試験が13日始まり、昨年比542人減の2万9386人が集まる本学の様子(写真含む)など紹介 朝日、読売
2018.1.12 開催したい企画を市民が立案し、専門家の助言を受けながら実現させる横浜市青葉区民向けの連続講座が11日、同区役所で始まり、25人が受講した。講座は全6回で、初回は本学 教育学部 有元典文教授が講師を務めた 神奈川
2018.1.12 神奈川の書の祭典として1988年から親しまれてきた「神奈川書家三十人展」が節目の30回目を迎える。それを記念した特別展「神奈川の書 すべてを魅せる百人」(本学 教育学部 青山浩之教授含む)を12日から、横浜駅東口のそごう美術館で開催する。 神奈川
2018.1.11 シンガーソングライター式紗彩が、24日発売のミニアルバム「Butterfly Attack」でメジャーデビューする。現在、本学の大学院生で数学科を専攻する”リケジョシンガー” 東京中日スポーツ
2018.1.11 本学 工学研究院 大野かおる教授は、東北大学、筑波大学とイデア・インターナショナル(株)と共同で、NEDOの計算機支援の新炭素材料開発課題の一貫として、リチウムイオン内包フラーレン合成の最大収率を計算機シミュレーションで予測し、プラズマシャワー法による実験で検証しました 日経(Web掲載)
2018.1.10 天皇、皇后両陛下が年頭に学界の第一人者から講義を受けられる「講書始の儀」が10日、皇居・宮殿「松の間」で行われた。本学名誉博士 藤嶋昭氏が「太陽エネルギーと光触媒」をテーマに約15分間、研究成果を説明した。 読売(夕)
2018.1.10 ≪展望2018≫『企業の資金需要伸び』横浜銀行 川村 健一頭取(S57 経済卒) 日経
2018.1.9 <<つなぐ技 結ぶ人(第1回)>>「建物が伝える記憶」
本学 都市イノベーション研究院 大野敏教授の研究活動の一端を紹介
上毛新聞
2018.1.5 <<金融の知識 小中高生も>>
子供を対象とした金融教育が盛んだ。かつてはお金のことを教えるのに抵抗を感じる親もいたが、政府が「貯蓄から投資」への流れを促していることもあり、意識が変わってきているという。それについて本学 西村隆男名誉教授がコメント
読売
2018.1.4 文化史研究者で本学 都市イノベーション研究院 朴祥美准教授は、満州事変以降の戦時期から現代にわたるその差別と変遷を新著「帝国と戦後の文化政策」(岩波書店)で明らかにした 神奈川
2018.1.4 本学 工学研究院 福田淳二准教授、本学 大学院生 小林優香さん、関東学院大学 本間英夫特別栄誉教授らは、手術後の傷や臓器の形状に合わせた細胞シートの作製法を開発した 日刊工
2018.1.1 <<次の街づくりへ>>
新国立競技場の設計に携わった著名建築家で横浜育ちの隈研吾さんと、本学で建築を学ぶ都市科学部 2人の学生との対談記事
読売

(担当:総務部広報・渉外課)


ページの先頭へ