経済学部(経済学科)

教育理念

経済学部/経済学科(College of Economics/Department of Economics)

経済学部では、経済社会の重要な問題を把握し、明晰な分析力を備えて、問題解決の方向を探求する力をもち、必要な情報にアクセスしてそれらを分析、情報発信できる力をもった人材を養成するために、経済の理論・応用や地域の制度・歴史などについて研究を行うとともに、その成果に基づいて、数学・外国語・情報処理の基礎的学力を習得させる教育、経済の理論と現実についてバランスのとれた教育、貿易港横浜を背景とした国際色が豊かな教育、グローバル化する経済の仕組みが理解できる教育、地域の固有な条件(制度・歴史・文化・環境など)を深く洞察できる教育、キャリア形成を支援する教育などを総合的体系的に行う。

教育目的(学部学科の人材養成目的その他教育研究上の目的)

経済学部 経済学科

世界と地域におけるグローバル化する経済社会の問題を把握し、必要な情報にアクセスし、問題解決の方向を論理的・数理的・統計的に分析・探求する力をもち、その解決策を発信し、組織的に実行できる人材を養成する。数学・外国語・情報処理・統計・コミュニケーションの能力を涵養し、現代経済学の基礎を幅広く教育する。その上で、グローバル経済・現代日本経済・金融貿易分析・経済数量分析・法と経済社会の5つの専門分野を設定し、経済学の高度な専門知識と応用能力を教育する。経済の専門知識とともに、世界各国の多様な社会・経済・制度・歴史および自然科学・先端技術についてバランスのとれた知識・見識を修得させる。育成した人材が国内外で活躍することを目指して、キャリア形成を支援する教育等を総合的、体系的におこなう。GBE(Global Business and Economics)教育プログラムにおいては、経営学を副専攻とし、海外学修科目を必修として、グローバル・ビジネスにおいて活躍できる人材を育成する。

(担当:学務部 教育企画課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ