理工学部/数物・電子情報系学科

教育理念

理工学部(College of Engineering Science)

地球規模の環境問題など社会の要請を把握し、自然科学の真理を探求し、産業を発展させ、輝ける未来を切り開くために研究者・技術者の果たすべき役割はより大きくなっており、実践的学術の国際拠点を目指した教育を実施する。

数物・電子情報系学科
(Department of Mathematics, Physics, Electrical Engineering and Computer Science)

情報・通信・電気・電子などの工学分野における技術革新が著しいが、そのような状況においてこそ、その基盤である数学、物理学を深く理解することが専門分野の習得のみならず柔軟的・独創的技術革新に必要不可欠である。
数物・電子情報系学科は、数学を基盤とする数理科学・情報工学、物理学を基盤とする物理工学・電子情報システムの各教育プログラムからなる。数学や物理学に興味を持ち大学進学する学生の多岐にわたる指向に対応が可能となるよう、純粋数学からエレクトロニクスまで幅広い分野の講義科目が網羅されている。また、数学、物理学の基礎教育を充実し、さらに数理科学、情報工学、物理工学、通信工学、電気・電子工学各分野における専門教育を行うことで、これらの広範な分野において主導的に活躍出来る人材の育成を中心とし、さらに将来を担う教育者の育成を目指す。

数物・電子情報系学科に、学士の学位を授与する教育課程プログラムとして、数理科学教育プログラム、物理工学教育プログラム、電子情報システム教育プログラム、情報工学教育プログラムを置く。

数理科学教育プログラム(Mathematical Sciences Education Program)

現代数学をベースに諸科学の基礎となる数理的原理や構造を理解し、数理科学を体系的に学ぶとともに、情報科学における基礎理論や数理物理学、コンピュータグラフィックス、コンピュータシミュレーション、画像・音声情報処理等への応用や情報メディアの活用について広く学ぶ。そして、現代数学の手法を修得し、人間の認知の仕組みを踏まえた上で、諸問題における根本的な原理に目を向け、論理的判断力と数理的処理を的確に行える人材を養成する。

物理工学教育プログラム(Physics and Applied Physics Education Program)

現代物理学と科学的思考法を体得し、学問の総合化・学際化に対応できる広い視野、豊かな創造性、柔軟性を養うことにより、革新的な技術開発の現場や国際的な舞台で活躍できる人材を養成し、輩出することを目的とする。

電子情報システム教育プログラム
(Electrical and Computer Engineering Education Program)

電気回路、電磁気、エレクトロニクス、通信、情報に関わる基礎分野から、電気エネルギー、制御とシステム、電子デバイス、集積エレクトロニクス、電子回路、通信伝送システム、情報通信、高度な計算機・情報システムといったハードウェアに関する応用分野、およびこれらを動かすソフトウェア(AI、IoT、サイバーフィジカルシステムCPS)まで、電気、電子、通信、情報の幅広い分野を総合的に学ぶ。様々な技術革新に対応できる柔軟な発想と能力を備え、社会の中で電子情報工学分野を担って活躍できる人材を養成する。

情報工学教育プログラム
(Computer Science and Engineering Education Program)

情報学・情報工学の基礎から応用までを身につけ、自ら先端的な情報理論・処理方式・システムを創造して社会に貢献できる人材の育成を目標とする。情報工学、計算機科学、ソフトウェアシステムをベースにした教育により、社会・産業の基盤となる情報技術の基礎、応用、深化、革新を主導する総合能力をもった人材を養成する。ソフトウェアとプログラミング言語、データベース、画像・言語・音声・マルチメディア情報処理、言語理論、人工知能、認知科学、コンピュータネットワーク、セキュリティ、ソフトウェアシステムの設計と管理などについて、講義・演習・実験を通して基礎理論と実践的な応用について学ぶ。

教育目的(学部学科の人材養成目的 その他教育研究上の目的)

理工学部

理工学部は、自らの専門分野における専門能力と高い倫理性とともにグローバル適用力を備え、広く科学技術に目を向ける進取の精神に富む人材育成を目的とする。

数物・電子情報系学科

数物・電子情報系学科では、情報工学、通信工学、電気・電子工学、数理科学、物理工学の広範な分野において、主体的に課題を探求し、広い視点から総合的かつ柔軟に問題を解決できる高度な技術者・研究者を育成することを教育研究の目的とする。

(担当:学務部 教育企画課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ