都市科学部/都市社会共生学科

教育理念

都市科学部(College of Urban Science)

都市科学部の教育理念は、国際都市=横浜・神奈川地域に立脚して、グローバル化に積極的に対応し(「国際性」)、スタジオ教育等を通じた「実践」的取組みと、イノベーションにつながる教育の「先進」的取組みを進め、大都市をフィールドにして世界と日本、社会に「開放」された教育を目指している。

都市社会共生学科(Department of Urban and Social Collaboration)

都市社会共生学科の教育理念は、横浜・神奈川にとどまらず国内外のフィールドを舞台とし(「実践性」「国際性」)、21世紀の都市社会を特徴づけるダイバーシティが生み出す可能性やリスクに取り組み(「先進性」)、建築学や都市基盤学や環境リスク共生学との対話を通じて(「開放性」)、都市社会の未来を多角的に構想することにある。

教育目的(学部学科の人材養成目的その他教育研究上の目的)

都市科学部

都市科学部の人材養成目的は、グローバルな課題とローカルな課題が直結する国際都市=横浜・神奈川地域に立脚する本学独自の文理融合の蓄積とリスク共生学の強みをいかし、都市科学という今までにない学問領域の創出と、グローバルとローカルが直面する多様で複雑なリスク・課題の解決をはかることのできる人材養成を目指している。

都市社会共生学科

都市社会共生学科の人材養成目的は、現代社会が抱える複合的な問題を解決するために、様々なフィールドを結びつけ社会や文化に対する批判的かつ創造的思考を発揮し、これを新しい価値観の創出のために応用し実践できる人材を育成することにある。

(担当:学務部 教育企画課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ