都市科学部/都市基盤学科

教育理念

都市科学部(College of Urban Science)

都市科学部の教育理念は、国際都市=横浜・神奈川地域に立脚して、グローバル化に積極的に対応し(「国際性」)、スタジオ教育等を通じた「実践」的取組みと、イノベーションにつながる教育の「先進」的取組みを進め、大都市をフィールドにして世界と日本、社会に「開放」された教育を目指している。

都市基盤学科(Department of Civil Engineering)

都市基盤学科の教育理念は、土木工学教育を機軸に、都市科学部の文理を跨る知見と連携して、地域・都市から地球規模に至る様々なスケールにおいて、リスク、サステナビリティ、グローバルなどの視点で人間・自然環境を再構築し、あるいは創造するための都市基盤に係る技術やデザイン、政策決定、マネジメントなどに関する教育を展開することである。

教育目的(学部学科の人材養成目的その他教育研究上の目的)

都市科学部

都市科学部の人材養成目的は、グローバルな課題とローカルな課題が直結する国際都市=横浜・神奈川地域に立脚する本学独自の文理融合の蓄積とリスク共生学の強みをいかし、都市科学という今までにない学問領域の創出と、グローバルとローカルが直面する多様で複雑なリスク・課題の解決をはかることのできる人材養成を目指している。

都市基盤学科

都市基盤学科の人材育成目的は、土木工学を軸として防災・国際・環境などの幅広い領域を視野に備えた人材育成を通して、都市の基盤施設(インフラストラクチャー)に関わる多様な課題、具体的には巨大地震・気候変動に対する都市の防災、都市の環境保全や持続的発展、少子高齢化に適応した社会資本政策、国際プロジェクトマネジメント・国際協力などの課題の解決に貢献することである。

(担当:学務部 教育企画課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ