公的研究費等の適正使用

横浜国立大学における公的研究費等の不正使用防止に対する取組について

横浜国立大学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成26年2月18日付け改定 文部科学大臣決定)を踏まえ、以下のとおり体制等を整備致しました。今後、管理・運営体制等の充実、強化を図るとともに公的研究費等の適正な使用を徹底することに努めてまいります。

  1. 公的研究費等の運営及び管理を適正に行うための基本方針PDFファイルが開きます
  2. 横浜国立大学における運営・管理責任体制及び不正使用防止体制PDFファイルが開きます
  3. 相談受付窓口PDFファイルが開きます
  4. 通報(告発)受付窓口PDFファイルが開きます
  5. 納品検収センター及び学内検収場所PDFファイルが開きます
    常盤台キャンパス納品検収センター及び学内検収場所PDFファイルが開きます
    納品検収のフローPDFファイルが開きます
  6. 国立大学法人横浜国立大学における公的研究費等の不正使用防止計画・不正使用防止具体策PDFファイルが開きます
  7. 国立大学法人横浜国立大学における公的研究費等の適正な使用に関する行動規範PDFファイルが開きます

参考資料

(担当:財務部財務課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ