1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 大学院工学府生が第8回イオン液体討論会で「Green Chemistry賞」を受賞

大学院工学府生が第8回イオン液体討論会で「Green Chemistry賞」を受賞

受賞情報

賞状

 2017年 11月 23日~ 24日に東京農工大学小金井キャンパスにて、第8回イオン液体討論会(主催:イオン液体研究会)が開催され、大学院工学府 機能発現工学 先端物質化学コース 博士課程前期 1年の林英里さん(指導教員:渡邉正義 教授)が、英国王立化学会がスポンサーとなった Green Chemistry賞を受賞しました。過去最高 114件のポスター発表から 1件選考されたものです。

 受賞ポスター題目は「イオン液体/スルホン化ポリイミド複合膜のCO2分離特性におけるカチオン構造の役割」であり、その研究内容の達成度が高く Green Chemistry への貢献の可能性が評価された結果であります。

 なお、上記研究は、日本学術振興会科学研究費助成事業・基盤研究(S)「ソフトマテリアルの自律性を支配するイオン液体の役割」(課題番号:15H0575830 代表者研究者:渡邉正義 教授)の助成を受けたものです。

(担当:工学研究院)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ