1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 工学研究院 高圧ガス保安講習会を開催しました

工学研究院 高圧ガス保安講習会を開催しました

高圧ガス保安講習会の様子

高圧ガス保安講習会の様子

 大学院工学研究院では、平素より研究活動の中で高圧ガスを取り扱う研究室が多いことから、毎年、春と秋の 2回工学研究院等安全衛生委員会主催により、高圧ガス保安講習会を実施しています。今年度春学期は 5月 22日(木)に、中央図書館メディアホールにおいて、工学研究院教職員及び大学院生、学部 4年生を対象として本講習会を開催しました。

 今回は(株)鈴木商館のご協力により、講師として湯山登氏(営業本部 安全環境部チーフ)をお招きし、前半で高圧ガス保安法と関係法令、高圧ガスの種類や性状による分類等の高圧ガスに関する基礎知識や基本事項と、高圧ガス容器や調整器の取扱注意事項の解説、後半では高圧ガス関係の事故と原因分析事例について、映像を交えて具体的かつ分かり易くご説明頂きました。 

 当日は、教職員、学生、院生合わせて 195名の聴講があり、参加者は高圧ガスの危険性を再認識するとともに、責任をもってボンベを正しく取扱うことの重要性を確認する貴重な機会となりました。

(担当:大学院工学研究院)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ