1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報研究院 多々見純一准教授が米国セラミック学会Richard. M. Fulrath賞を受賞

環境情報研究院 多々見純一准教授が米国セラミック学会Richard. M. Fulrath賞を受賞

受賞情報

表彰状

表彰式の様子

環境情報研究院の多々見純一准教授が、米国セラミック学会Richard. M. Fulrath賞を受賞しました。この賞は、高い研究開発能力を示す顕著な研究業績を挙げた45歳以下の若手研究者(学界から日米1名ずつ、産業界から日本2名、米国1名)に贈られるものです。2011年10月17日に、米国コロンバスで開催されたMS&Tの米国セラミックス学会の表彰式にて、米国セラミック学会のMarina Pascucci会長より表彰状が授与されました。受賞対象となったのは、「セラミックスの高信頼性化に関する研究」での業績です。多々見純一准教授は、セラミックスの破壊と製造プロセスに関する理論と実践の融合を通じて、セラミックスの機械的信頼性を向上させるための研究開発を行っており、その成果が同学会から高く評価され今回の受賞となりました。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ