1. 環境情報トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 環境情報学府生が「日本化学会第93春季年会」において「学生講演賞」を受賞

環境情報学府生が「日本化学会第93春季年会」において「学生講演賞」を受賞

受賞情報

賞状

 2013年3月22日~25日に、立命館大学びわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市)にて開催された日本化学会第93春季年会において、大学院環境情報学府 博士課程後期2年 平井 友基さん(指導教員:跡部真人教授)が、学生講演賞に輝きました。
 受賞対象となった論文題目は「タンデム超音波乳化法によるPMMA微粒子の粒径制御型合成と構造色材料への応用」です。この論文では、MMAモノマーを界面活性剤なしに超音波のみで乳化し、さらにこれを重合することで粒径の揃った単分散なPMMAナノ微粒子を合成、また、得られたPMMAナノ微粒子を構造色材料にも応用展開することにも成功しました。
 351件の発表の中から選出された該受賞は平井さんの論文内容とプレゼンテーション能力が高く評価された結果であります。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ