1. 国際社会科学府トップ
  2. 国際社会科学研究院 常岡 史子教授が第一回日本相続学会賞を受賞

国際社会科学研究院 常岡 史子教授が第一回日本相続学会賞を受賞

受賞情報

日本相続学会賞賞状

 大学院国際社会科学研究院の常岡 史子教授の論文「民法から争族を見る-遺言・贈与と遺留分-」が一般社団法人日本相続学会の学会賞(論文賞)を受賞し、平成28年11月18日に中央大学駿河台記念館で受賞式が行われました。 日本相続学会賞は、相続問題に関する図書・論文について、円満かつ円滑な相続の推進という学会の理念と活動に寄与したものに授与されます。
 常岡教授の論文は、共同均分相続制度のもとで相続人の遺留分をいかに確保するかという問題に現行民法の規定が必ずしも対応できていないため、「争う家族」が生じやすく、協議に基づく裁判外での解決を困難にしていることを論点の正確な提示と諸判例の詳細な分析によって明らかにしたもので、法理論及び相続実務の両面において学会に大きく貢献するものであると評価されました。


ページの先頭へ

[an error occurred while processing this directive]

トップページへ

ページの先頭へ