1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 50年ぶりの新学部「都市科学部」及び教職大学院「高度教職実践専攻」の設置について

50年ぶりの新学部「都市科学部」及び教職大学院「高度教職実践専攻」の設置について

 横浜国立大学では、21世紀のグローバル新時代に求められる、広い専門性を持った実践的人材を育成する取り組みを一層充実させるため、「グローバル化」「イノベーション」「大都市」といった社会的背景を踏まえ、学長のリーダーシップのもと、全学一体で教育組織を改編する「YNUプロジェクト」を推進してきました。
 今春、文部科学省に組織改編の申請(設置計画書の提出)を行い、その第一段階として教育人間科学部、経済学部、経営学部、理工学部の組織改編が平成28年6月28日付けで認められたところです。
 このたび、平成28年8月26日付けで、本学では50年ぶりとなる新設学部「都市科学部」の設置が認められました。都市科学部は、都市社会共生学科、建築学科、都市基盤学科、環境リスク共生学科の4学科で編成されます。都市科学部では、本学の文理融合の蓄積をいかした教育を通じて、グローバルとローカルな課題を結びつけ、都市づくりとイノベーション創造を担う次世代の人材を育成していきます。
 都市科学部の設置が認められたことにより、上記YNUプロジェクトが完成し、平成29年4月より新たな5学部でスタートすることになります。
 また、都市科学部と同日付けで本学の大学院教育学研究科の一専攻として「高度教職実践専攻」(教職大学院)の設置も認められました。本学の教職大学院は、神奈川県の著しい教員の世代交代と都市部に顕著に現れる教育の諸課題を踏まえ、それらの課題解決に向けて、教員のチーム力を高めて課題解決の中心となる中核的中堅教員や、チームを支えて新しい学校作りの一員となりうる新人教員を養成していきます。
 これにより、社会的課題・必要性を踏まえた本学の教育改革がさらに加速し、より充実した教育プログラムが実施されます。

 今後とも本学の教育研究活動にご理解とご支援のほど、よろしくお願いいたします。

平成28年8月31日
横浜国立大学長
長谷部勇一



ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ