1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 広報サポーターが東京国立博物館を取材しました!

広報サポーターが東京国立博物館を取材しました!

横浜国立大学は、4月から東京国立博物館のキャンパスメンバーズに加入し、学生証を提示することで、無料で入館できるようになります。今回は総合文化展を中心に東京国立博物館を取材しました!
東京国立博物館本館の様子

東京国立博物館本館の様子

〈東京国立博物館について〉
 東京国立博物館、通称東博(トーハク)は約140年もの歴史を持つ日本で最初の博物館で、主に縄文時代~明治時代中期の文化財を所蔵していることが特徴です。とても広く7つの施設と庭園から成り立っています。本館では1階は彫刻や刀など展示品がジャンルごとに分けられており、2階では時代の流れに沿って作品を鑑賞することができます。世界一日本美術を持っているミュージアムであり、その作品の多くは写真撮影が可能です。

博物館というと身構えてしまう人も多いと思いますが、鑑賞以外にも東博を利用する方法はあります。例えばこれから桜の時期になればお花見や、散歩コースとしても利用できます。また過去には野外シネマやヨガ、落語会などのイベントも多く実施されています。ドラマやCMなどのロケ地としても使用されているためロケ地巡りとして訪れてみてもいいかもしれませんね!

本館エントランスの大階段はテレビドラマにも登場した

本館エントランスの大階段はテレビドラマにも登場した

今の時期は庭園で桜を鑑賞することができる

今の時期は庭園で桜を鑑賞することができる

〈見学した留学生より〉
東京国立博物館では日本を中心にした東洋のさまざまな国の美術作品、歴史資料、考古遺物などを見られます。6つの展示館の建設年代は異なり、それぞれ独自の建築様式を持っているので、建築に興味がある方はぜひご覧ください!

総合案内パンフレットは日本語のほかに英語、中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語があります。館内のサイン等の表示と一部解説パネルは4ヶ国語(日本語、英語、中国語、韓国語)、作品のデータはすべて日本語・英語の2ヶ国語に対応しています。ボランティアによる英語のガイドツアーも実施しているので、留学生や外国観光客にとっても行きやすいと思います!
明治時代末期の洋風建築である表慶館

明治時代末期の洋風建築である表慶館

ミュージアムショップではオリジナルグッズやお土産を購入することができる

ミュージアムショップではオリジナルグッズやお土産を購入することができる

〈担当者の方から横浜国立大学の学生のみなさんへ〉
 東博には様々な使い方があります。1つには、日本を中心とした広く東洋諸地域にわたる貴重な文化財を見ることができるということです。「本物」を目の前で見て、我が国が誇る文化の素晴らしさを体感してもらうことができると思います。また、江戸から平成に至るまでの貴重な建物も同時に楽しむこともできます。その他にも、普段美術などに関心のない人も散歩がてら東博に寄ってみるのもおすすめです。キャンパスメンバーズ制度で総合文化展は無料で入場することができるので、東博でゆっくり、のんびり時間を過ごしてみるのもいいと思います。法隆寺宝物館にはカフェも併設されているので、展示品を見るだけでなくコーヒーを飲みながら読書をして過ごす東博での休日はいかがでしょうか。

【東京国立博物館】
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
黒田記念館は通年で9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(ただし月曜日が祝日または休日の場合は開館し、翌平日に休館)、年末年始
お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
ホームページ:http://www.tnm.jp/

(担当:総務部広報・渉外課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ