1. YNU
  2. ニュースセンター
  3. 広報サポーターが横浜国立大学オリジナル商品を試食レポートしました!

広報サポーターが横浜国立大学オリジナル商品を試食レポートしました!

大学生協書籍購買部に入ってすぐの国大グッズコーナーにあるカップ麺「カラッチーノ」。
長い間発売されてきた横浜国立大学オリジナル商品「カラッチーノ」があと少しで販売終了になるそうです。

通常72円のカップ麺なのですが、2016年6月1日から6月30日まではセール期間で5個まとめて購入すると300円になるキャンペーンを行っています!(1個当たり60円)

パッケージには「横浜国大ペペロンチーノ風味ラーメン カラッチーノ」という記載がされています。
今回キャンペーンということで広報サポーターの私も買ってみました!

ビニールの包装を外し、蓋を開けてみると意外にもシンプルな中身となっています。

中に入っていたのは、乾麺と粉末スープの2つのみ。どうやらとても簡単に作れるようです。
粉末スープに書いてある説明を読むと、「パスタ風」と「ラーメン風」の2通りの食べ方があることがわかりました。
せっかくなので2種類を作って食べてみました。

パスタ風カラッチーノの作成

まずは、「パスタ風」で作ってみます。乾麺の入った容器にお湯を入れ、3分間待ったところでお湯を全て捨てます。蓋にはしっかりと湯切りの穴がついていました。そして、そこに付属の粉末スープを半分ほどかけて混ぜ合わせれば完成です。残った粉末スープをお湯で溶かせば、簡単にスープが作れます。

「カラッチーノ」の名の通り、しっかりした塩味がついたピリ辛な味付けとなっています。ペペロンチーノかと聞かれれば大きくうなずくことはできませんが、新しい食べ物としてとても美味しくいただきました。思ったより麺のボリュームがあり、72円というのが安く思えてきます。スープの味も麺に絡んだものと似ていますが、お湯を多めに注ぐことで辛さが抑えられた素朴な味となります。自分で何か具材をちょい足ししたらより美味しくなりそうです。

ラーメン風カラッチーノの作成


では、2つ目の作り方「ラーメン風」で作ってみましょう。こちらも途中までは「パスタ風」と同じ行程となっており、乾麺の入った容器にお湯を注いで3分間待ちます。その後、お湯は捨てずに粉末スープを全て投入します。麺がほぐれ、粉末スープが溶けきったら完成です。

まずは、ラーメンのスープを飲んでみます。線までたっぷり注いだはずなのに、しっかりとした塩味がして、「パスタ風」と同様にピリっとした辛さがありました。麺をすすってみると、ちょっと濃いと感じたスープが絶妙に絡み、つるつるっと食べられました。計算され尽くした味付けだったのです。こちらもまたペペロンチーノの要素はあまり感じられませんでしたが、絶妙な塩加減とピリッとした辛さで美味しくいただきました。

ずっと気になりつつ手を出せていなかった「カラッチーノ」ですが、いざ食べてみるとまた食べたくなるような後を引く美味しさがありました。
販売終了まであと少し、どんな味なのか気になる方は大学生協にお立ち寄りの際に是非購入してみてください。

関連リンク

横浜国立大学オリジナルグッズウェブサイト別カテゴリーへ移動します

(担当:総務部広報・渉外課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ