1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 横浜国立大学へのご寄附に対する感謝状贈呈式を行いました

横浜国立大学へのご寄附に対する感謝状贈呈式を行いました

長谷部勇一学長から栗山浩一様に感謝状を贈りました

長谷部勇一学長から栗山浩一様に感謝状を贈りました

岡松様も合流して懇談が行われました

岡松様も合流して懇談が行われました

前列左から栗山様、長谷部学長、岡松様。後列左から関崎総務部長、永井学長補佐(ヨット部顧問)、大門理事、中村(博)学長補佐

前列左から栗山様、長谷部学長、岡松様。後列左から関崎総務部長、永井学長補佐(ヨット部顧問)、大門理事、中村(博)学長補佐

 2017年8月3日(木)学長室において、本学に多額の(株)船場の株式をご寄附くださいました同社代表取締役社長の栗山浩一(くりやまひろかず)様への感謝状贈呈式を挙行しました。
 その後、昨年度に引き続き高額ご寄附をくださった、岡松正憲(おかまつまさのり)様にも合流していただき、懇談とランチ会を行いました。
 栗山様は、昭和60年3月に本学経営学部をご卒業になり、同年4月に工学部建築学科に編入し、昭和63年に同学科をご卒業された本学のOBです。在学中はヨット部に所属して精力的に活動されていたそうで、課外活動を通じて勉強以外でも多くの事を学んだとおっしゃっていました。今回は母校に恩返ししたいと考え、ご寄附くださったとのことです。
 岡松様は、昭和39年に本学経済学部をご卒業のOBですが、ご寄附だけでなく、就職相談員や、テニス部OBとしても本学をご支援くださっています。
 岡松様は、本学が取り組んでいるアニュアル寄附(毎年の寄付)の制度はとても良い制度なので、今後、この制度が同窓生に広く浸透していくように、大学側は情報発信に力を入れるようご助言くださり、ご自身としては、意欲ある、経済的に困難な事情を抱えている学生を支援したいとおっしゃっていました。そして、横浜国立大学と学生に対し「学生が日本一勉強する大学になって欲しい」とエールを送ってくださいました。

 横浜国立大学では「グローバル・エクセレンス大学を目指して!」を合い言葉に、皆様からのご寄附を「未来を創る人材育成」のために役立てていきたいと考えています。
 グローバル化の進む横浜・神奈川をフィールドとして、グローバルそしてローカルな課題にも対応できるイノベーティブな人材を育成し、地域へ、世界へ、送り出すために、皆様のご支援をお願い申し上げます。
(横浜国立大学への寄附をお考えの方は、横浜国立大学基金のWebサイト新しいウインドウが開きますからお申し込みいただくか、卒業生・基金室(電話:045-339-4443、E-mail:YNU.kikinynu.ac.jp)にご連絡ください。)

(担当:総務部広報・渉外課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ