1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. インドよりインド工科大学ハイデラバード校ご一行が本学を表敬訪問

インドよりインド工科大学ハイデラバード校ご一行が本学を表敬訪問

(左)Desai学長(右)長谷部学長

(左)Desai学長(右)長谷部学長

集合写真

集合写真

2017年11月20日(月)、インドのインド工科大学ハイデラバード校(IITH)よりProf. U.B. Desai学長、Dr. Sireesh Saride(Associate Professor & Associate Dean(Planning), Department of Civil, Engineering)、Dr. Siva Kumar K(Associate Professor & Associate Dean of International and Alumni Relations, Department of Electrical Engineering)およびJICA 人間開発部高等・技術教育チームより傳隆司氏、吉田拓氏、JICA-FRIENDSHIP Projectより業務調整/産学連携コーディネーター松尾美紀氏、国際交流サービス協会より学長エスコート水谷美穂氏が本学を表敬訪問されました。

本学から、長谷部勇一学長、中村文彦理事(国際・地域・広報担当)、藤野陽三先端科学高等研究院上席特別教授、佐土原聡都市イノベーション研究院長、菊本統都市イノベーション研究院准教授およびインド工科大学ハイデラバード校より修士課程に留学しているPranav君とSaicharan君が出迎えました。

今回の表敬訪問は、インド工科大学ハイデラバード校との大学間交流協定の調印式も兼ねており、長谷部学長からの歓迎の挨拶では、インドとの協定が増加している本学の交流状況や今後インド工科大学ハイデラバード校と土木工学をはじめ先端的分野での研究交流が期待される旨が述べられました。Desai学長からは現在12~13校の日本の大学と交流をしている点、本学とは土木工学のみならずサイバーセキュリティ分野でも協力をしていきたい点、またこれまで74名の卒業生が日本の大学の修士・博士課程で学んでいる点が紹介されました。また、今回の交流協定に向けてご尽力いただいた藤野先生からもご挨拶がありました。

調印後の懇談では、インドにおける自動車産業について意見交換が行われ、インド社会の排気ガスによる大気汚染の問題を受け、インド政府より電気自動車に関する開発研究を要請されている事がDesai学長より紹介されました。また日本の自動車メーカーのインドにおける生産・売上状況などについても意見交換がされ、和やかな雰囲気のうちに懇談が終了しました。

今回の訪問により、インド工科大学ハイデラバード校との今後の更なる交流の発展が期待されます。

(担当:国際戦略推進機構)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ