1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 長谷部学長が2018日台大学学長フォーラムに出席しました

長谷部学長が2018日台大学学長フォーラムに出席しました

2018年6月7日(木)に、リーガロイヤルホテル広島ロイヤルホールにて、国公私立大学団体国際交流担当委員長協議会(JACUIE)主催、台湾・高等教育国際合作基金会(FICHET)共催で、「2018日台大学学長フォーラム(2018 Japan-Taiwan University Presidents’ Forum)」が開催されました。本学からは長谷部勇一学長、徐浩源国際戦略推進機構教授が出席しました。

本フォーラムでは、「Enhancement of Educational and Research Collaboration Corresponding to the Globalization of Society(社会のグローバル化に対応した教育・研究協力の増進)」をテーマとし、ローカルとグローバル、ヒューマンリソース開発と科学技術推進などに関する高等教育や大学間の科学技術の連携の必要性について議論が行われました。日本側からは国公私立大学66大学、台湾側からは39大学、及びその他日本と台湾の関係機関から、総勢197名が参加しました。
集合写真(国立大学協会提供)

集合写真(国立大学協会提供)

フォーラムは「Session 1: Introductory Session - Educational Aspects: Enhancement of International Education and International Student Mobility in Response to the Globalization」「Session 2: Introductory Session – Research Aspects: Enhancement of International Research Exchange and Industry-University Collaboration for Innovation」「Session 3: Plenary Session (Educational Aspects)」「Session 4: Plenary Session (Research Aspects)」「Session 5: Joint Statement between JACUIE and FICHET」の5つのセッションからなり、長谷部学長はセッション1の発表者として登壇し、本学のダブルディグリーの取り組みについて紹介しました。

また、フォーラムでは、国立成功大学国際事務所副国際長陳静敏教授との懇談の機会があり、両大学間の連携について意見交換を行い、大学間交流協定や今後のダブルディグリーの連携などについて有意義かつ実質的な情報交流を行いました。国立成功大学経済学系と本学経済学部は2016年8月に部局間協定を結んでおり、今後、大学間協定締結に向けて継続的に情報交換と協議を進めていくことで合意しました。本大会組織の台湾側の責任者である、国立成功大学の蘇慧貞学長も両大学間の良好な関係作りに意欲を示されました。
(左より)長谷部学長、陳教授、徐教授

(左より)長谷部学長、陳教授、徐教授

その他にも、多くの台湾の協定校関係者と意見交換を行うことができ、交流関係の強化をしていくことで合意しました。本フォーラムへの参加を機に、本学と台湾の大学間の交流が更に活発になることが期待されます。

(担当:国際戦略推進機構)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ