1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 本学ダナンブランチが主催し、ダナン工科大学において特別集中講義を実施しました

本学ダナンブランチが主催し、ダナン工科大学において特別集中講義を実施しました

集合写真

集合写真

2018年9月24日(月)~28日(金)の5日間、本学ダナン大学ブランチの主催で本学教員によるダナン大学のための特別講義「ワークショップ~Computer Aided Engineering “Verification and Validation”~」を実施しました。本学からは廣澤渉一 工学研究院教授、下野誠通 工学研究院准教授、松井和己 環境情報研究院准教授が参加し、ダナン工科大学の機械工学、交通機械、電気工学、電子通信の4分野の学部生60名に対して、5日間の特別講義を実施しました。

松井准教授の講義は,工学シミュレーションを適切に運用するための指針であるV&V(Verification & Validation)に関する内容で、座学と実験、ソフトウェアを利用した実習を織り交ぜたワークショップ形式で実施しました。

下野准教授の講義は教育用ロボットを用いた実験講義で、ロボットの軌道生成、超音波センサによる障害物検知、カメラ画像による物体認識といった実習をワークショップ形式で実施しました。

また、本講義には工学府と環境情報学府の大学院生4名が講師として参加し、実験補助を行いました。
授業の様子(松井准教授)

授業の様子(松井准教授)

授業の様子(下野准教授) 

授業の様子(下野准教授) 


参加した学生のアンケートでは、来年度も授業の継続を望む声や、活気のある授業に対しての高い評価などが聞かれました。本学のダナン大学ブランチが主催した2回目の試みではありましたが、ダナン工科大学の学生や教員からの希望・要請を受け、ダナン大学ブランチマネージャーのDr. Le Anh Tuanが中心となり、来年度も本学の教員が実施する特別集中講義を企画・実施していく予定です。

本取組をきっかけに、今後ますますダナン大学と本学の教育・研究活動の発展に寄与していくことが期待されます。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ