1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. モンゴルで同窓会を開催しました

モンゴルで同窓会を開催しました

青いハッピ姿で学生時代の思い出を語る卒業生

青いハッピ姿で学生時代の思い出を語る卒業生

在モンゴル日本大使館を訪問

在モンゴル日本大使館を訪問

モンゴルの首都ウランバートルで、2011年8月9日 同窓会を開催しました。ウランバートルでの同窓会は今回が初めての開催で、今回は各学部、研究科の卒業生約30名が出席し、本学からは松岡国際担当理事、荒木国際戦略推進室副室長、森田経営学部教授、郭経営学部准教授、清田経営学部准教授、アンドラディ経営学部講師、森山経営学部特任職員、小泉国際社会科学研究科特任職員が参加しました。


資源国として飛躍的な発展を遂げつつあるモンゴルにおいて、本学の卒業生は政府や民間企業の要職で活躍しています。今回の同窓会には、国際協力機構(JICA)ウランバートル事務所からもご列席いただきました。また、同窓会に先立ち、本学からの訪問団は日本大使館の城所大使とも面談、貴重なお話をうかがうことができました。また、同窓会終了後、松岡理事はモンゴル国立大学(本学協定校)、科学技術大学等を訪問し、今後の学術交流、留学生受け入れの一層の拡大に向けての意見交換をしてきました。

同窓会からの記念品が       松岡国際理事の手に

同窓会からの記念品が       松岡国際理事の手に

モンゴルの伝統楽器馬頭琴が、  海を超えて鈴木学長のもとへ到着

モンゴルの伝統楽器馬頭琴が、  海を超えて鈴木学長のもとへ到着

当日は、参加者がそれぞれに大学時代の思い出や、今の仕事のことなどについて語り合う和やかな会合となり、全会一致でEnkh-Angalanbaatar Batdorj氏を同窓会長に、Ulziikhutag Odgerel氏を副会長に選出しました。事務局長には今回の同窓会開催にあたり、モンゴルでの手配を一手に担ってくれたZurgaanjin Enkhbold氏が選出されました。また、当日出席がかないませんでしたが、モンゴルにおける本学卒業生第1号であるBold Ulzibayar氏(1996年経営学部卒業、現在は証券会社の女性経営者)は、後日同窓会の名誉会長に選出されました。


最後に、同窓生一同から本学に対しモンゴルの伝統楽器である馬頭琴が贈呈され、皆その素晴らしい音色に聴き惚れました。この同窓会を機に、モンゴルにおける同窓生とのネットワークが一層拡大していくことを期待しています。

(担当:国際戦略推進室)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ