1. YNU
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 学内施設が一目で分かるGPS地図アプリ(YNUマップ@Nコード)を開発

学内施設が一目で分かるGPS地図アプリ(YNUマップ@Nコード)を開発

急激に普及が広がっているスマートフォンは、本学でも多くの学生が利用しており、中でもGPSに対応させた地図アプリケーション(アプリ)は主要アプリの一つとして挙げられます。そこで、本学関係者だけでなく本学を訪問した方が、広大なキャンパスをよりスムーズに移動していただくために、本学の学生と本学・成長戦略研究センターの研究員が連携して、横浜国大のための地図アプリを開発しました。
その名も「YNUマップ@Nコード」
マップおよびアプリの検索システムには、施設名はもちろん『Nコード』を搭載しています。『Nコード』は、各自治体や官公庁に採用され、各種システムなどに実装が進みつつある世界中に対応した新位置情報システムで、本大学でも実用化に向けて成長戦略研究センターの西岡隆暢研究員により研究・開発が進められています。西岡研究員に協力して本アプリを開発した工学部生産工学科4年石井明紀さんと、同じく生産工学科4年の石橋弦樹さんは、多くの方々に利用してもらい、その反応から更に進化したアプリ開発につなげたいと意気込みを語っていました。

現在は、iPhone向けのみのリリースで、以下より無料でダウンロードできます。

「YNUマップ@Nコード」ダウンロード(iTunes Store)


(担当:成長戦略研究センター)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ