社会貢献への取組み

本学では、「社会貢献」を教育・研究と並ぶ大学の使命として位置づけ、さまざまな形で国・県・市・地域や産業界に教育・学術・研究を通して貢献しています。

産学官連携の強化を目的として設置した【産学官連携推進部門】は、よこはまティーエルオー株式会社、特定非営利活動法人 YUVEC などの学外組織と連携し、知的財産の獲得及び研究情報の発信並びに社会還元の視点から起業化を推進しています。

地域実践教育研究センター】では、グローバルな視野をもって地域課題を解決できる21世紀型人材の育成を行うための実践型 地域交流プログラム『地域交流科目』を実施。「工学」「経済学」「教育学」など従来の学問・教育領域を超えた多くの学生が参画し、自治体やNPO、企業、地域の方々と連携をはかりながら、経済活動のグローバル化により発生している多様な地域の課題に取り組んでいます。

また、本学周辺地域の方々とも密接な連携を保ちつつ、地域の文化的中心となるべく社会に開かれた大学であり続けるために、学習機会を広く提供する生涯教育・社会人の受け入れ・公開講座などの活動も行っています。

そのほか、一般市民へ大学内の【附属図書館】を開放しています。学術の研究・調査を目的とする方には資料の公開・複写など、神奈川県在住・在勤・在学の方へは貸出を行っています。


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ