1. YNU
  2. 産学・社会連携
  3. 生涯学習
  4. サイエンスカフェのご案内
  5. 平成19年度
  6. 複雑系の科学・・・人の動き、車の流れ

第2回横浜国立大学サイエンスカフェ
複雑系の科学・・・人の動き、車の流れ

10月25日(水)18時から、横浜商工会議所談話室において、第2回横浜国立大学サイエンスカフェを開催しました。

第2回目の今回は、環境情報研究院の森下信教授が「複雑系の科学 -人の動き、車の流れ-」というテーマで研究成果を紹介し、明石歩道橋の事故の話から始まり、駅構内の歩行者の動き、駐車場に駐車する運転者の心理、コンピュータ上での生物の模倣、砂丘の風紋等と幅広い内容を例として説明があり、普段科学に接していない者にとっても、複雑系という考え方が大変興味深く、身近なもので、90分という時間があまりにも短く、あっという間に終わってしまったという感じでした。

年齢も職業も様々な大人の中に高校生も混じり、横浜港の夜景が一望できる会場で、秋の夜のひとときをサイエンスカフェで楽しんでいました。

なお、以下は今回、講師を務めた森下教授からの感想です。
「男性も女性も、学生も会社人とおぼしき方々も、また年輩の方々もお集まりいただき、実は緊張しました。本気になって講義をしてしまったという感覚で、あっという間の90分でした。かなり勉強されておられる方も混じっていたようですが、あまり難しい回答もできず失礼もあったかと思います。今後も是非サイエンスに触れる機会を楽しんでください。知識を得ることは楽しいことだと感じていただければ幸いです。」

今年度は、この後、11月、1月と、2回の開催を予定していますが、第3回については、当ウェブサイト上で案内をしていますので、下記ページをご参照ください。

(総務部学術・国際課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ