第9回横浜国立大学サイエンスカフェ
新しい建築をめざして


西沢立衛准教授

12月5日(水)18時30分から、BankART NYK ギャラリーAにおいて、第9回横浜国立大学サイエンスカフェを開催しました。

今回は、世界的に活躍されています工学研究院西沢立衛准教授が、これまでの作品についての紹介を中心に、「新しい建築をめざして」というテーマで話をされました。

先生は既成概念にとらわれない独創的な発想の下で常に作品を作られていますが、作品そののものだけの個性だけではなく、その使い方も含めて周辺の建物やその他の環境ともうまくマッチングさせ、社会といかに協調させるかということに特に気をつけているとのことでした。

今回は、これまで手がけられてきた一般住宅から海外の大学のキャンパスまで、幅広い作品について、写真やデータ等の映像をうまく使い説明されていたため、参加者にも大変わかりやすいようでした。


太い柱が特徴のBanART NYK キャラリー A

そのことは、サイエンスカフェ終了後のアンケートでの、「画像があってわかりやすかった」、「説明が非常にわかりやすく、実際の作品を見たくなりました」などの感想に表れています。また、サイエンスカフェは通常の講演会とは違い、参加者が直接先生方と話しをすることができるのが大きな特徴ですが、同じくアンケートで、「先生と会話をできるのが良かった」、「面白くて時間がアッという間に過ぎました」などの感想もあり、大変好評であったことが伺えます。さらに、今回は、建築というものを語るには大変相応しいBankART NYKという会場で開催できたということも良い結果に影響しているのではないでしょうか。

なお、この後のサイエンスカフェ開催の予定は、来年1月23日(水)18時から横浜商工会議所において「おや、不思議!卵を使った物理の実験」と題して渡辺慎介横浜国立大学理事(副学長)により第10回が開催されますが、今年度最後の開催となります。詳細については大学ウェブサイトで紹介していますので、ご覧ください。

(総務部学術・国際課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ