産学連携ポリシー

平成16年 4月 1日

大学の使命は、有為の人材を輩出する教育、人類の現在と将来を支える研究、教育と研究の成果を社会に還元する社会貢献にあります。大学の理念の一つに『実践性』を掲げる横浜国立大学は、第三の使命としての社会貢献を、広範に展開します。

横浜国立大学は、生涯学習をはじめとする教育による社会貢献と産学連携を中心とする研究による社会貢献を通じて、大学が生み出した『知』を社会に還元します。

横浜国立大学は、地域社会、国と地方公共団体、産業界、そして国際社会の発展に寄与する産学連携を組織的に遂行するため、次の方針を確認し、公表します。

  1. 産学連携を横浜国立大学の使命として推進し、人類社会の福祉と発展に貢献します。
  2. 横浜国立大学の研究情報を大学の外に向けてわかりやすく発信します。
  3. 地域社会、国と地方公共団体、産業界からの要請を一つの窓口で受け入れます。
  4. 産学連携を担当する組織の一本化を図り、共同研究者の紹介、共同研究等の受け入れ、知的財産の移転など、様々な要求に柔軟、かつ迅速に対応します。
  5. 地域社会、市民との連帯を一層強化します。

横浜国立大学は、地域社会、国と地方公共団体、産業界、そして国際社会と協調して、大学が生み出す『知』と社会が持つ『知と技』を融合し、我が国の国際的役割の向上に邁進します。

(担当:研究推進部産学・地域連携課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ