1. YNU
  2. 大学案内
  3. 取組・各種計画
  4. 男女共同参画への取組み
  5. 女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく行動計画

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく行動計画

本学では、個人の活動に円滑に取り組めるワーク・ライフ・バランスを推進するとともに、多様で柔軟な働き方を支援し、働きやすい職場づくりと女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間
    平成28年4月1日から平成34年3月31日
  2. 課題
    • 大学全体を平均すると女性教員の在籍割合が低い。
    • 管理職に占める女性教職員の割合が低い。
  3. 目標と取組内容・実施時期

    目標1 : 女性教員の在籍比率を、最終年度は全学で19%とする。

    目標2 : 女性役員を登用するとともに、管理職に占める女性の割合について13%以上を達成する。

    平成28年4月~
    ・男女共同参画に関する意識醸成のため、管理職及び教職員向けセミナー、講演会を開催する。
    ・特に理工系女性志願者のために、女子学生・大学院生及び女性研究者との交流、相談の場を設ける。
    ・女性研究者採用促進のための方策の一環として、女性研究者を採用した部局に対しインセンティブを付与する。
    ・男性の育児、介護休業取得対象者への情報配信、啓蒙活動を開始する。
    ・育児や介護に携わる教職員について、入試や行事における業務割当への配慮をおこなう。
    ・育児や介護に携わる教職員を、幅広く評価する仕組みをつくる。
    ・ワーク・ライフ・バランスを進めるために、年次有給休暇を取得しやすい環境づくりと所定外労働時間 の削減の
      推進を図る。
    平成29年4月~
    ・YNU Academic Carrier Entry for Female and Foreign researcher (ACE for FF)「公募のタイミン グとはかかわりなく,常時,エントリーそして自己アピールの機会が得られるサイト」を全学運用する。


    (担当:総務部人事・労務課)


ページの先頭へ

トップページへ

ページの先頭へ